要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネットを使うのは人間だから
2011年08月29日 (月) | 編集 |

ブログは、誰もが自由に発信出来る場所であると同時に、不特定多数の人が
出入りする場所でもあります。

私の知っているほとんどのブログは、常識的で愛情いっぱいのわんこブログですが
稀に、わんこブログの表紙をつけながら、中身は意味不明のものがあったりします。

と、こう書くと、
「あのブログの事?」
と思った方も少なくないと思います。

そうです。あのブログの事です。

何人かの方が(私もですが)あまりにも不快なので、それとなく批判めいた記事を
書きました。
するとそれに対してその管理人は、まるで狂犬のような勢いで反撃してきました。
読んだ方のほとんどが、非常に気分の悪い思いをしたと思います。

私もその一人です。
何なんだ??コイツは、と。

しかしながら、センセーショナルな記事のタイトルにつられて、よせば良いのに
たまにブログをのぞいてしまう事がありました。

そこで、その管理人がボロクソにけなしている動物愛護団体のHPに
思わずお邪魔してしまいました。

そしてBBSを何気なく見てみると(この管理人がたびたび話題にしていたので)
あらら、ビックリ
通りすがりと称する人物が、この管理人の素性について暴露しているじゃないですか。
(グローリータッズ BBSで検索すると、出てくると思います)

真偽のほどはわかりません。
しかし、その内容を見てみると、
「ああ、だからなのか・・・」
と妙に納得することばかりです。

やっぱり、少しおかしい人だったのですね。
過去にも何度か問題を起こしている、と言うのも、どこまで本当かはわかりませんが
わかる気がします。

これでもかと人を非難誹謗し、罵倒し、キチガイ呼ばわりすれば、問題も起きるでしょう。

私は、人間同士のいざこざには興味はありません。
ただ、動物達を巻き込んでほしくない。

それから、全く関係のない人達を不快にしてはいけないと思うのです。
最低限の、大人のマナーです。

個人的な恨みでケンカをするなら、他でやってくれ。
そばを通りかかった人間に、八つ当たりするようなマネはやめてくれ。

その愛護団体が、100%清廉潔白かどうか私は知りません。
しかし、かなり大きな組織で、それなりに保護活動をしている事は間違いないようです。
このブログ以外に、この組織を批判している所は見当たりませんでした。

個人的には、何らかの実績をあげている団体ならば、それはそれで良いと思います。
少なくとも、自分は何も出来ていないのですから、何か実害でもない限り
文句を言う権利はない。

お馬鹿な人間に動物達が振り回される事がないよう、それだけは切に願います。

そして、お騒がせブロガーであってもどうか自分の犬だけは、最後まで責任を持って
愛情を持って世話をして欲しい。

ネットは、使い方次第でどうにでもなります。
貴重な情報を得たり、仲間を見つけたり、楽しい気分になれたり。

でも、悪い使い方をすれば、結局自分にとっても良くない結果をまねく。

どう使うかはその人次第だと思いますが、私はやはりプラスになるように使いたいと
思います。

まあ、お騒がせブロガーさんのおかげで、新しいお仲間さんが出来たのは、
良い事でしたけどネ。

たまにはベッドも使います

可愛いわんこ達に恥じないブログを書きたいものです。


良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
発酵チワワん
2011年08月28日 (日) | 編集 |

もう10年以上前になりますが、ウチのピアノ教室に主婦の方が習いに来ていました。

その方がチワワを飼っていまして、たまにその子をキャリーバッグに入れて、
教室に連れてくることがありました。

どこかのチワワんずと違ってとてもおとなしく、声を出すどころか身動き一つしていない
のではないかと思うくらい、静かなわんこでした。

ある日、その主婦の方がレッスンに来るなり、
「センセ、ウチの犬ったら昨日大変だったんですよ!」
と、チワワんの話を始めました。

彼女の話によると、前日の夜、彼女がパンを焼いていたそうです。
その頃はちょうど冬だったせいもあり、オーブンを使わずにストーブの前にパン生地を
置いて、発酵させていたのだとか。

ところが、そのパン種をチワワん君が食べちゃった

そんなに食い意地が張っていたわけでもないし、一応ラップもかかっていたので
まさか食べるとは思っていなかったのだそうです。

イースト菌は、30度~40度くらいで発酵します。(よね。私はパン焼き器で焼くので
細かい数字はわかりませんが)

わんこの体温は、イースト菌の発酵にちょうど良い温度です。
チワワん君のお腹はたちまち膨れてきて、触るとお腹の中でプチプチ発酵しているのが
わかったそうです。

そして、お腹の中でパンを発酵させているチワワん君は苦しそう。

その方は、どうしたものかと思っておろおろしていたそうですが、やがて発酵が済むと
徐々にチワワん君のお腹は凹んできて、元に戻ったそうです。

その後、チワワん君が下痢をしたのか、ゲロを吐いたのかどうか忘れてしまいましたが、
チワワんでもそんな事をするんだ、とその時驚いたのを覚えています。

卑しんぼのラブを飼っている人なら、パン種をストーブの前に置きっぱなしにする
などと言う事は絶対にしませんが、小型犬の飼い主さんはちょっと油断してしまった
のでしょうね。

笑うに笑えない、チワワんの災難です。

発酵したり膨れるものは、気をつけないといけないと、ふと思い出してしまいました。

ご飯を待つきいちゃん
きいちゃんも絶対食べるだろうなあ・・・パンの生地

 

良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

どしゃ降りもコワイのでし?
2011年08月27日 (土) | 編集 |

頭が良いのも、良し悪しかもしれません。

親馬鹿丸出しで言わせてもらえれば、きいちゃんは賢いです。
かなり賢いです。
馬鹿な人間よりもずっと、観察力もあり考察力もあります。

しかし、時としてそれがアダとなります。

蝉のミンミン=おやつの蝉が近くにいる、と気付くくらいなら別に問題はないのですが・・・

激しい雨=カミナリ、と結びついてしまうとちょっと厄介です。

このところ天候が不安定な関東地方(日本中そうですが)、雨がザーザー激しく
ふり降り始めると、間もなくカミナリが鳴り始めます。

そこできいちゃん、学習してしまいました。
豪雨とカミナリは仲良しだと。

ターミ兄がいれば、彼を盾にして机の下に潜るのでしょう。
けれど、そうそう都合良く、いつもターミ兄がいてくれるわけではありません。

苦肉の策なのか、怖がりんぼきいちゃんが考え出した避難策は、私の足の間に
鼻を突っ込む事でした。

しかしこれは、かなり迷惑な避難策です。

きいちゃんが足の間に入っていると座れませんし、動けません。
ずっと仁王立ちをしていなくてはいけないのです。

昨日は、ちょうど夕飯の支度をしている時に、ザーザー音を立てて雨が降り始めたので、
きいちゃんは私の足の間に、後ろから頭を突っ込んできました。

仕方がないのでそのまま作業をしていましたが、とてもマヌケな光景だったと思います。
大きなわんこのアタマを、足の間に挟んで炊事するなんて。

結局、雨が普通の雨に変わるまで、きいちゃんはずっとそうしていました。

これから先、激しく雨が降る度にこの格好をしなくてはいけないのでしょうか。

きいちゃん、帽子を被るとかほっかむりをするとかじゃダメなのかい?

冷蔵庫の前が好き2
ヘタレ過ぎだよ、きいちゃん・・・

 

良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

納戸にはオバケがいる?
2011年08月25日 (木) | 編集 |

大胆不敵なラブ爺でしたが、意外に細かい事にこだわることもありました。

何故か、彼は生涯に一度も納戸に入った事はないのです。

ドアが閉まっていたからではありません。
ドアはむしろ、いつでも開けっ放しでした。
だから、入ろうと思えばいつでも入れましたし、爺様好みのイタズラの対象になりそうな
ものも、たくさんありました。

でも、入らなかったのです。

我が家の納戸は二階の隅っこにあり、逆L字型の4畳半程度の狭いスペースです。
窓は一か所にしかないので、奥の方は電気をつけないと暗くて見えない。
ちょっと不気味と言えば不気味です。

爺様を飼い始めた当初の私の計画では、爺様が入って良いスペースは、限られたものに
するつもりでした。
例えば、和室や台所には入らない、というふうに。

そこで、その防衛策として、入って欲しくないところにはを置いておいたのです。
ええ、バーベキュー網みたいなヤツです。

納戸の前にも、小さな網を置いておきました。

踏んだ感触が嫌なのか、そんなもの一枚でしばらくは、爺様の居場所は限られたもの
でした。

しかし間もなく、網は恐れるには足らず、と言う事を学びとった爺様は(詳しくは
爺様の本を見てね)台所でもどこでも、勝手に入って行きました。

その名残だったのか、それとも違う理由だったのか、それはわかりません。

腰巾着のように、常に私の後をついて回っていた爺様ですが、私が納戸に入ってしまうと
そのドアの前でピタリと止まって、絶対に入ろうとはしませんでした。

爺様の目には、何かコワイものか、座敷わらしでも映っていたんでしょうか。

今もって謎です。

ちなみにヘタレのきいちゃんは、平気で私について納戸に入り込んできます。
一人で勝手には入りませんが、特に避けてもいない様子。

ヘタレには怖くなくて、妖怪老犬が好まなかったもの。
それって、何だったのかしらん。

えへっ
ボクはオバケは見ないでし。食べものしか見てないでし

そういう事なのかなあ。


良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

犬変態さんが行く
2011年08月23日 (火) | 編集 |

わんこを愛する人は、たくさんいますよね。

その愛し方は様々ですが、私個人としてはゴチャゴチャ細かい理屈をこねるよりも
「好き」という気持ちが、本能的に前面に出ている人の方が好きです。

そういう人の事を、私は「犬変態」と呼びます。

例えば・・・
犬の鼻の味の違いわかる、いざとなったらカレーpを素手で受け止める事が出来る、
足の裏のにおいが好き、いやいや耳のにおいが好き、などなどです。

この足の裏や耳も、それぞれに細か~いこだわりがあったりします。
犬の嫌いな人から見れば、ほとんと頭がおかしいですね。

あ、誤解をまねくといけないのでお断りしておきますが、こういう方々は皆、犬をきちんと
飼っています。

きちんと、と言うのはちゃんと犬について勉強をして、すべきことをしっかりしている、
と言う意味です。

虫タイプの犬を擬人化して溺愛している、マナーの悪い飼い主と一緒にしないで
くださいね。

犬は犬です。
それは当たり前の事ですが、あまり優等生めいているのもつまらない。

人様に迷惑でなければ、犬変態でも良いんじゃないでしょうか。

犬変態はあくまでも個人的な趣味のようなものですから、他に同じ事を強要したりは
しません。
自分が満足であれば、それで良いのです。

ちなみに、私はお尻フェチです。
ぷりぷりしたお尻を見ると、スリスリなでなでしたくなります。
きいちゃんと、卵かけ納豆ご飯を分かち合ったりもします。
でも外食ではしません、もちろん。

犬変態さん、私は好きです。

はみだしてるよ
なんでいつもはみ出してるの

 

良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

どよ~ん
2011年08月21日 (日) | 編集 |

ここ2,3日、きいちゃん地方は涼しくてとっても助かります。

でも涼しいかわり、天気がイマイチでどうも気分が出ません。

暑さで知らず知らずのうちに溜まっていた疲れが、どどっと出てきたんでしょうか。
良く眠れるというよりは落ちてる感じで、目覚めが非常に重いです。

人間、気分が良くない時って、つまらんことにひっかかるもんですな。

誰かの些細な言葉が気になったり、つまらん事に腹が立ったり、くだらんヤツの存在が
チラチラしたり。
マイナスオーラに負けている感じです。

だる重~で頭も頭痛、今日はな~んにも料理する気になりません。
しなきゃいけない事もあるんだけど、考えたくね~

いつの世も、イライラの原因は人間。癒すのは動物です。

可愛いきいちゃんは、毎日きちんとお仕事してくれてます。

ブタ顔
こんな顔して

ブタ顔2

 

良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

残暑御見舞申し上げます
2011年08月17日 (水) | 編集 |

言いたくないけど・・・ついつい言ってしまう言葉、「暑い!」

暦の上では一応残暑ですが、実際はまだまだ真っ最中という感じです。 

特に、ここ2週間くらいの暑さはなんだか異様ですね。
インドの人が、インドの夏より暑いと言う暑さです。
この中で、せっせと仕事をしたり勉強したりしている日本人は、偉いです。

皆さんのおうちのわんこ達は、元気に過ごしているでしょうか。
特にシニアわんこ達、人間は節電しても良いから、キミたちには快適に過ごして
欲しいです。

さて、暑くなるとだんだん、私は暑い国の人達と同様の傾向になる気がします。

まず、面倒な事が面倒になる。
やたらに唐辛子が食べたくなる。
そして、能天気になってくる。

もともと料理をする時などは鼻歌まじりでしたけど、最近はそれがさらに強化されているな
と先日思いました。

歌はたいてい、即興自作です。

き、き、きいろいき~ちゃんは~♪ か、か、かわいいの、で・し♪
と言う程度の、意味のないものが多いです。

意味不明の歌を歌って、激辛料理を食べた後は何もしたくなくなります。
仕事は仕方がありませんが、それ以外はなるべく体力温存。

運動は、おダンスにおバレエ、それときいちゃんの散歩だけです。

混雑する炎天下に、あえて出かける元気はありません。
買い物ももっぱら通販だし、水泳に興味のない私は、自分から水際に行くことも
ないです。

きいちゃんも同様です。

当初よりだいぶ毛深くなってきたきいちゃんは、普通のわんこと同じように暑がるように
なってきました。

そして、ボール投げも興味なし、泳ぐのも嫌いで、趣味は食べる事だけ、なきいちゃんは
私と同様、のんびりしています。

こんな感じです。

昼寝

ヘソ天

寝るでし
暑いからはみ出しているんでしょうか

一応メインの散歩は(最近は夜です)勢いよく出かけるのですが、30分もすると
ヘコヘコになって
「もう帰りましょうでし」
と私の足の間に鼻を突っ込んでくるので、帰ってきてしまいます。

お友達に会えれば、しつこく遊んでいますが・・・

まあ無理のないリズムが、その人(犬)に一番合っているのでしょうから、自然に
過ごせば良いのかなと思います。

あとひと月もしたら、少しは涼しくなるのでしょうか。
それまで、皆さん頑張りましょうね。




良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

シッポのくびれ
2011年08月14日 (日) | 編集 |

来たばかりの頃のきいちゃんのしっぽは、まだ1歳8カ月だったこともあるのでしょうが
細くて、ぺろ~んと垂れ下がっていました。

ウチに来てしばらくは振る事もなく、存在感のないしっぽでした。

爺様のしっぽは、九つに分かれそうなくらいぶっとくて、ぶんぶん振り回すと凶器に
なりそうでした。(実際、茶碗だのグラスだの、いろいろふっ飛ばしてくれました)
そして、水を飲んでいる時でも、特に何もなくても、何が嬉しいのか常にフリフリ
揺れていました。

そんなしっぽを見慣れていたので、垂れ下がって振られる事もないきいちゃんの
しっぽは、まるでネズミのしっぽのようで、
「変なの~」
と思ったものです。

でも「う~パク」が鳴りを潜め、普通のラブのようにフリフリ振られるようになると
だんだん太くなってきました。

やっぱり、使われると太くなってくるんですね。

ただ、きいちゃんのしっぽはまだ発展途上なのか全部が太くなくて、途中が
くびれているのです。

こんな具合に。
くびれシッポ1

ちょっとわかりにくいですかね。
横から見ると、こんな感じです。
シッポ2

付け根からこのくびれまでは、中身もしっかり詰まってなかなか立派なしっぽです。

でもこのくびれは何なんだろう?

そのうち、全部同じ太さのカワウソしっぽになるのかなあと思うんですが・・・

まだ振り足りないのかな?

ぺしょ~

寝てても自動的に振れてるようにならないとダメかもね。

 

良かったら・・・

 


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
チャネリング
2011年08月13日 (土) | 編集 |

皆さんは、睡眠が十分に取れるタイプでしょうか。
それとも、不眠症タイプ?

私は、丈夫な割にはあまり良く眠れないタイプです。
子供の頃から寝つきが悪いので、たぶんそういう体質なのでしょう。
とうちゃんもかあちゃんも、熟睡タイプではありませんし・・・

だから、良~く眠れる人がとってもうらやましいのです。
ぐっすり眠れれば、体の回復もしやすいですものね。

ここ数年は、年齢のせいもあって、体のメンテナンスのためのケアがいろいろと
必要になってきました。
鍼やカイロと言った物理的なものもですが、最近は(震災以後)特に、心身のバランスを
とるためのヒーリング系のケアを、体が要求するようになってきました。

良くしたもので、近所にそういったアロママッサージ・レイキヒーリングをしてくれる所を
見つけたので、時々通っています。

で、その施術をしてくれる女性の方なんですが、いわゆる霊感の強い方で
なかなか鋭い突っ込みをしてくれることがあります。

先日、ふと爺様と話がしたいと思い、どなたかそういう事が出来る人は知りませんか?
と聞いたところ、
チャネリングなら、私もしますよ」
と仰って、ちゃっちゃとオラクルカードを切ってお話を始めました。

彼女によると、爺様はさらにパワーアップして大きくなっているとの事。
ちょうどペガサスのようなイメージで、もう黒ラブの姿ではないそうです。

そして、しょっしゅう私のそばに来ているとか、爺様は心優しい女性が好きなので
そういう方の所に時々お邪魔しているとか、いろいろ面白い話をしてくれました。

その中でとても気になったのが、「トマト」と言う言葉です。
彼女によると、爺様が「トマト」と言っていたそうです。

私は、「唐辛子の間違いでは?」と聞いたのですが、やはり「トマト」だとの事。

爺様は生前、トマトは別に好きではありませんでした。
ですから、お供えにトマトが欲しいとは考えにくい。

すると彼女曰く、「トマトの生産に関わっている方とか、売っている方かも」

それなら心当たりがあります。
tikilove母さんのところです。

しかし、チャネリングはそこまでで、それが何を意味するのかはわかりませんでした。
私の勘では、tikilove母さんとは今後も何らかのご縁があると言う事なのかな
と感じました。
単なる思いつきの勘ですが。

目に見えないものをどう解釈するかは、その人次第です。
そんなものあるかい!と言う人には、何も見えないし感じられないでしょう。

私は、中心と繋がる感覚はわからなくはないのですが、いわゆる霊的な事は
わかりません。
ただ、爺様に関して言えば、確かに存在が続いている感じがするのです。

爺様はまた、いつか必ずまた会えるから、その時は絶対にわかるから、とも
言っていたそうです。

それが本当なら・・・その時を楽しみに待っていたいと思います。

00010004.jpg
お盆に関係なく、自由自在に飛び回る爺様なのかな

可愛い?
きいちゃんは夜中いつ見ても、ヘソ天で爆睡。うらやましい~

 

良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

私がブログを書く理由
2011年08月11日 (木) | 編集 |

皆さんがブログを書かれる理由は、なんでしょう?

記録として、お仲間さんとの交流の場として、情報交換の場として・・・
いろいろだと思います。

私の場合は、爺様が16歳の時に、レトリーバーの老犬クラブに入った事が
きっかけでした。
その頃16歳の大型犬シニアが珍しかった事もあり、周囲からすすめられて
ブログを始めました。

爺様の介護に関する記事は、爺様が17歳2カ月で亡くなった後に、まとめられて
一冊の本になりました。
手間ひまはかかりましたが、私にとっては大事な記録の一冊です。
(もし、まだお読みでない方がおられたら、是非手に取ってみてくださいね)

爺様亡き後、しばらくダラダラした個人的な記事を書いていましたが、同じ年の暮れに
縁あって、きいちゃんがやってきました。

きいちゃんは、「う~パク犬」だったのでネタには事欠きませんでした。
噛み犬を飼った事はなかったので、どうしたものかといろいろ考え、試行錯誤を繰り返し
様々な事を試しました。

その記録も、わんこの問題行動を抱えている飼い主さん達に、何か参考になれば
と思って書いていました。
逆に、私が他の方からヒントをいただくこともありました。

現在のきいちゃんは、もうほとんど問題行動はなくなり、危ないネタは提供して
くれなくなりました。
代わりに、可愛いヘタレっぷりを見せてくれています。

今の私にとってのブログは、きいちゃんの記録であり、また親戚わんこさんや
わんこ仲間さん達、お友達と交流するためのものであります。

そして、時々は役に立ちそうな情報を、来てくださる方々と共有出来たら良いな、と。

素人のブログなんて、そんなもので良いんじゃないかなあと思います。

たまに、まるで評論家かジャーナリストきどりで、鼻息荒く記事を書いているブログを
見かけますが、私は個人的にはそういうものはあまり好きではありません。

だって所詮は、素人が匿名で書いているものじゃないですか。
しかも、リサーチ不足なものが多い。

十分なリサーチなしに、一方的に他を非難誹謗するのは、ただの思い込みか、
勘違いによる悪口に過ぎません。

素人ブログには、素人ブログの良さがあります。
何も、評論家気取りで肩ひじ張って書く必要はないんじゃないか。

私は、ただの愛犬家の素人ブログを、素人目線で続けていきたいと思っています。

のぞき
きいちゃんは見た

良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

きいちゃんがターミ兄を頼る時
2011年08月07日 (日) | 編集 |

今朝がた、二度寝をした時にヘンテコな夢を見ました。

きいちゃんが、自分の敷物の上に真っ黄色のちーを大量にしたのです。
そして、なぜかでんぐり返ってその黄色の液体の中に落ちました。
背中が、レモンシロップをかけたかき氷のようになってしまったので、しかたなく
きいちゃんを風呂場に連れて行って洗う・・・というくだらない夢です。

ちなみに、きいちゃんはでんぐり返しは出来ません。
これが出来るのは、私が知る限りみかんちゃんだけだと思います。

それはさておき・・・
きいちゃんが夢に出てきた理由は、わからないでもありませんでした。

それは昨夜、ゴロゴロ鳴っていたカミナリにきいちゃんがまたしてもパニくり、
とってもお世話が焼けたからです。

ゴロゴロ鳴りはじめると、きいちゃんは前回同様、目が泳いでウロウロしていました。
でも、そのうちに、
「そうだ、机の下に行くのでし」
と思い出したらしく、ターミ兄の机の下に潜り込みました。

カミナリ怖いでし1

カミナリ怖いでし2

しかし、散歩のあとで汗だくのターミ兄は、早くシャワーを浴びてサッパリしたい。
そこでお風呂の支度を始めて席を立とうとすると、きいちゃん机の下からあわてて
出てきて、
「い、い、い、行かないでなのでし。防波堤がなくなっちゃうのでし!」

しょうがないなあ。じゃあ代わりにターミ兄の椅子に座ってやるから・・・と私が
座ったのですが、きいちゃんは落ち着きません。

「姉ちゃんじゃ小さすぎて、すき間がいっぱいでガードにならないでし!」
と言わんばかりに、ターミ兄につきまとっています。

大きいものの影に隠れた方が安全、とでも思ったのでしょうか。

きいちゃんは、小さい私の所には来ないで、ターミ兄が立ちあがって行こうとすると、
あわてて追いかけてきます。

仕方がないので、ターミ兄は床に座り込んで、きいちゃんの防波堤になっていました。

カミナリ怖いでし3

カミナリ怖いでし4

すっぽり囲まれていれば、安心らしいです。
だったら、いぬたま君がいたら万全だったね。

そうこうするうちに、だんだんカミナリも遠ざかって行ったので、きいちゃんは最終トイレの
散歩に行き、それからやっと自分のベッドに行って寝ました。
結局、ターミ兄は2時間近く、シャワーを浴びに行く事が出来ませんでした。

普段は、圧倒的に私を頼って、あまりターミ兄をアテにする事はないのですが
カミナリ時だけは別だと言う事がわかりました。

ヘタレのきいちゃん、キミはどう考えても自然界では生き残れそうにないね。

抱っこ
無理でし

 

良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

ナゾの赤いポチ
2011年08月03日 (水) | 編集 |

朝顔を洗ってふと鏡を見ると、左の頬に直径1cmほどの赤いものがありました。

なんだろう?
吹き出物か?最近お疲れだからなあ。
それとも、何かにさされたのかしらん。

さわっても、特に痛くもかゆくもありません。
しいて言えば、若干ふくらんでいるような・・・
そんな感じです。

その後も、鏡を見るたびに「何だろう?」と気になりましたが、何だかよくわかりません。
そのうちおダンスに行く時間になり、少しだけファンデ-ションを塗ったら
目立たなくなったので、ずっと忘れていました。

夜、シャワーを浴びていた時、ふとまた鏡を見ると、まだその赤いポチは
存在していました。
なんだろう、なんだろう・・・と考えているうちに、思い出しました。
今朝、きいちゃんに殴られた事を。

きいちゃんは、絶対にベッドに乗って来ませんし、留守中も乗りません。
そして、爺様のように私と目が合ったら転げまわるとか、そういう事もしません。
まだ時間が早い時は、トイレに行っても
「もう少し寝ようね」
と言うと、黙って寝ます。
本当に良い子です。

じゃあ何故殴られたのかと言うと、今朝は微妙な時間に目が覚めてしまい、
トイレに行って一度は横になったものの、二度寝出来ずにゴロゴロしていたのです。
寝ていない事を察知すると、きいちゃんが起こしにきました。

起こすと言っても、爺様のように人の顔を掘ったりはしません。
ベッドに半分乗っかって、手を舐めたりするだけです。

しかし、その体が半分乗っかる時に、前足が私の顔に当たったのです。
瞬間、「いてっ」と思いました。
が、それきりその事は忘れていたのです。

多分、私は痛みに鈍感なのでしょう。
顔面に帯状疱疹が出来た時でも、痛くありませんでしたから。

痛みを感じないので、それが傷だと言う事に気付くのに半日かかってしまいました。

擦り傷なら、インドの怪しい軟膏を塗っておけば良いや。
多分、明日か明後日には治っているでしょう。

流血するまで怪我だとは気がつかない鈍感人間は、大型犬と暮らすには
ちょうど良いですね。

自分の足を舐めるきいちゃん
自分のお手手を舐め舐め


良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。