要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
言いたくないけど
2011年06月28日 (火) | 編集 |

言ってしまおう。
暑い!

夏来るの、早過ぎませんか?
今年は電気も足りないと言ってるのに、せめて冷夏になってくれないかな。
まあそんな事言ってると、お米が育たないんだけど・・・

スタジオ撮影に行った後、元気にビールを飲んでいたワタクシですが、翌日は
ダウンしてしまいました。

何故か朝起きたら目まいがして、ゆらゆら。
朝ご飯は何とか食べたものの、な~んも消化活動が始まらない様子で、胃もむかむか。

その日は結局、夕方のお仕事の時間まで、だらだらゴロゴロしていました。

暑いのが嫌いなワタクシ、夏は大っ嫌いでございます。
夏が好きって人、うらやましいです。
夏が来ても、洗濯物が乾く以外何のメリットもないんですもん。

で、来た当初は寒がりで暑がらなかったきいちゃんも、ここ2.3日は口が開きっぱなし。
なので、禁断のエアコンを入れました。
節電はしたいけど、具合が悪くなってしまっては本末転倒ですからね。

エアコンの部屋で、お気楽に破壊工作に励むきいちゃんです。
破壊工作中1

他にもっと高尚な趣味はないのかね?
破壊工作中2

明日はきいちゃん、きょうだいわんこ&近場のわんこさん達とラン付きドッグカフェです。

今度はちゃんとデジカメを持っていくぞ。



良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
スタジオ収録
2011年06月26日 (日) | 編集 |

昨日・一昨日と、めちゃくちゃ暑かったですね~
節電に協力しようとかなり頑張っていましたが、ミイラのようにくちゃくちゃの顔になった
きいちゃんを見て、昨日はついにエアコンを入れてしまいました。

それに比べると、今日は少し涼しくて助かりますわ。

実は今日は、「犬猫ものがたり4」の最終日でした。
どこかでやりくりをして顔を出したかったのですが、とうとう出来ませんでした。
先週・今週と、妙に忙しかったのです。
お立ち寄りいただいたわん友さん、ありがとうございます。
自分としてはお買いものをしたかったのですが、出来なくて残念です。
ごめんなさい、Rokoさん。

さて、今日は多忙のトドメ。
例のターミ兄のダイエット番組のスタジオ収録の為に、東京タワースタジオまで
行ってきました。
スタジオ

私はただの付き添いで、何をするわけでもないのですが、ちゃっかりロケ弁
いただいてしまいました。
が、失礼を承知で言わせていただくと、これが超不健康弁当。
でもいぢ汚いので、皆食べてしまいましたが。(文句言うなら食うな)

台本です
スタジオ撮影 6月26日 003.jpg

生意気にも、控室が用意されていたんですよ。
生意気にも控室

スタジオ内での撮影は出来ません。
この日のゲストは、井森さん
タレントさんは、やっぱり実際にお会いすると、普通人とは違って綺麗です。
なのに、なんで浮いた噂がないのかなあ。(余計なお世話?)

終わってから、司会の三宅祐司さん(あれ、字が違う?)や、パックンマックン、皆さんと
写真を撮らせていただきましたが、ブログ等には載せないでくださいとスタッフの方に
念を押されてしまいました。
なので、見たいわ~と言う方には(そんな人いないか)個人的にお見せしますね。

留守中のきいちゃんはどうしていたのかと言うと、たまたまお休みだったいぬたまくん
犬守りをお願いしました。
タダじゃないですよ、夕飯付きです。

と言うか、普段質素にしている彼らに、たまには手料理でもと私が勝手に思っただけ
なんですが。

何はともあれ、きいちゃんはたっぷり散歩に行ってもらって、たっぷり遊んで、ただ今
爆睡です。
ターミ兄も疲れて(?)半分死んでいます。

元気な私は、美味しいビールを堪能(?)中。

明日はまた、バレエに行き、とうちゃんの夕食を用意し、それからお仕事です。
仕事を始めてから、めっぽう忙しくなりました。
でも文句は言いたくない。
自分で始めたのですから。

昨日の暑い中、日向ぼっこをするきいちゃんです。
暑いのに日向ぼっこ

ホントにミイラになっちゃうよ!


あ、業務連絡です。
ランにご一緒する皆さま、天気を見ているので明日予約しようと思います。
お昼頃を目指してお出で頂ければ、と思います。

 

良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

オバケの話
2011年06月23日 (木) | 編集 |

暑くなってくると、怖~い話をあちこちで耳にしますよね。
心霊写真特集とか幽霊に会った話とか。

時々書いているように、私は絶対的な力というか波動の存在は、自分が感じるので
信じています。
ただ、俗に言う霊感といった類のものは、自分には絶対にないと今までずっと
思っていました。

でも案外そうじゃないのかも、と考え直しつつある今日この頃です。
何故かと言うと、ヒーリングをする方に言われたんですね
「私は霊感とかそういうのは、全然ないんですよね~」と言ったら、
うそばっかり~
って。

思い当たる事があります。
ラブ爺がいる時にはなかったのですが、いなくなってからたまに妙な感覚の夢
見ることがありました。
それは大抵とても疲れている時で、どちらかと言うと気味の悪い、悪夢に近いものです。
姿かたちは見えないのですが、誰かが手を引っ張ったり握ったりするのです。

足を引っ張る感覚があったこともありました。

10日ほど前の事です。
とても疲れて眠かったので、私は昼寝をしようとベッドに転がっていました。
隣で、ターミ兄が見ているTVの音は聞こえていました。だから熟睡していたわけでは
ありません。

そのうち、とろとろ意識が遠のきだした時の事です。
何かが私の体に乗っかっているようか感覚が起きました。
私は、ラブ爺が来たのかなと思いました。だったら一緒に昼寝をしようと。

でもその後、何かが(誰かが)私の両手を握って上に持ち上げるような感じがしたのです。

持ちあげられそうな感覚なのですが、体に乗っかっている何かの重みのせいで
体は上がりません。

とても奇妙で気持ちの悪い感じがしましたが、そのうち「これは現実ではない」と気付き、
目が覚めました。

その間、ず~っとTVの音は遠くで聞こえていたのです。

俗に言う、「金縛り」に近いものだったのかもしれません。
金縛りは、脳が作りだす錯覚の一種と言われています。
ですから、疲れた私の脳みそが作りだした、幻想だったのかもしれません。

ただ、良~く考えてみると、へとへとに疲れている時この感覚が時々やってくるのです。
そして思い起こせば、私が中学生くらいの時にも、似たような体験がありました。

思春期の、ちょっと複雑だった頃です。

夜中に、寝ている私の隣に誰かがいるような気がしました。
目が覚めてふと見ると、部屋から知らない男の人が出て行くのが見えました。
とうちゃんかなとも思いましたが、着ているものに見覚えがないのです。
念のため翌日とうちゃんに聞いてみましたが、知らんとの事。

その事はず~っと何十年も忘れていましたが、最近になって思い出しました。

そして、そんな話を何気なくヒーリングの方にしたのです。
「最近疲れているから、脳みそが変な感覚になるんですかねぇ」と。

するとその方は、
「でもそれはあるかもしれません。今聞いて、私はちょっとゾクッとしましたよ。」

その方曰く、とても疲れて波動が弱まったり、レベルが下がってくると、低級なもの
来やすくなることはあるのだそうです。

その方も、ものすごく疲れている時に、深夜見知らぬ男の人がやって来て
腕をつかんだ後、玄関からす~っと出て行ったのを見た経験があるそうです。

その時、飼っているわんこがずっと唸っていたとか。

もちろん、ただの脳の疲労と言う事も多分にあるでしょう。
でも、霊的なものの存在はない、という証拠もないと思うのです。

変な人物を見た中学生の頃も、思えば先先先代わんこが亡くなって、わんこが
いない時でした。

クリ爺がいた頃は、そんな感覚を持ったことはありませんでした。

ラブ爺がいた頃も、ラブ爺の介護でへとへとになっていても、そういう悪夢感覚は
ありませんでした。

きいちゃんは、ヘタレだからプロテクトするオーラが弱いのかなあ。

何にせよ、自分の波動を下げるとロクな事はないのだなと思います。
だから、あんまり心身ともに疲弊する前に、予防した方が良いと言う事ですね。

お役に立たないきいちゃん
「ボクに期待しないでくださいでし・・・」何故か爺様と同じ所に、目のイボがある写真
実際にはありません

 

ちょっと涼しくなった方、良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

せっかく遊びに行ったのに…
2011年06月20日 (月) | 編集 |

デジカメを忘れた超ウツケな私。
ない事に気付いた時は、家を出てから1時間くらい経ってからでした。
なんとマヌケなのでしょう。

なので、な~んにも写真がありません。
お友達に分けてもらえたら、後で載せますね。

と書いた直後に、あやのさんから写真をいただきました~
載せちゃいます。(記念写真のつもりが、バラバラ)
ヘタレ会 6月18日
左から、きいちゃん、レオン君、新人ライム君(きいちゃんに似ています)、ジャッキー君
ジョー君、マーブルちゃん、そして何故か一人離れたきゅうちゃん

今回のヘタレ会は、山梨は河口湖の近く、モンターニャさんのドッグランを
貸し切って集まってみました。
参加メンバーは、いつものレオン家あやの家・ジョー君&マーブルちゃん家・そして
きいちゃんがいつも異常に執着するきゅうちゃん家です。

マウンティングして自分が偉そうにすることしか、アプローチの仕方を知らない
きいちゃん。
当然、ちょっと寂しいものがあります。

まず、ボール大好きのレオン君には遊んでもらえません。
新人のライム君(日盲のキャリチェン)とは、ヘタレ具合が良い感じ。
おたかり兄弟のジャッキー君とは、おたかりする時だけ何故かぴったりタイミングが
合い、永遠の宿敵・ジョー君とは、毎度おなじみのただのにらみ合い。
(何も起こらないのがある意味すごい)
そして、妹のマーブルちゃんには、「乗れるものなら乗ってみな」オーラに負けて
何も出来ず。

唯一偉そうに出来るのが、きゅうちゃんです。

乗っかっては引きはがされ、乗っかっては引きはがされ。
何と学習能力がないのか、はたまた、きゅうちゃんの何かがそれほどまでに
魅力的なのか、何にせよ迷惑なきいちゃんです。

さて、ヘタレ会の皆さんはそれぞれご予定があったので、ターミ家だけがモンターニャ
お泊まりしました。

そしたらなんと、きゅうちゃんにとって替わる可愛い子がいたんですよ~

でもウツケ飼い主がデジカメを忘れたので、何にも証拠写真がありません。

その可愛い黒ラブの女の子・ももちゃんは、6歳なのに超ハイパーでニコニコで、
とってもラブ。
きいちゃん、早速言い寄りますがなんと拒否されない!

気を良くしたきいちゃん、翌朝朝食後の猛アタックします。
が、レトリーブしたい黒ラブのももちゃんにとっては、つきまとうきいちゃんは迷惑以外の
何ものでもありません。

ヘタレ会のつもりで、他にもいた物静かな黒ラブの女の子や、玉付きゴルの男の子に
偉そうにしていましたが、とうとうゴルのマル君にガウられました。

自分で噛んだのか、噛まれたのか、舌にちょっと怪我をしたきいちゃん。
フラれるは、〆られるはで、しばらくシッポが下がっていました。
ショック~だったんでしょうね。

でも自分が悪いのでしょうがないです。

モンターニャを後にしてから、湖畔を散歩したり、あちこちお店を見たり、それから
ほうとうを食べたりと、久しぶりに観光しました。

走って歩き過ぎたきいちゃん、帰ってきたら足の裏が赤くなっていました。
皮膚が弱いなあ。

早速舐めても大丈夫な、インドの軟膏を塗りました。
明日は治っていると良いね。

と言うわけで、本来だったら写真満載のはずなのに、何も写真がないわかりにくい
日記でした。

冷蔵庫が好き1
イケメンでもモテないきいちゃん

 

良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

インドの怪しい品々
2011年06月17日 (金) | 編集 |

最近ハマっているものの一つに、アーユルヴェーダがあります。

と言っても、本格的なトリートメントを受けに行った事はまだありません。
日本では本格的サロンが少ないのと、それにお値段も決して安くはないからです。
残念ながら、インドに行った事もありません。

なので、本を読んだりネットで調べたりしてるだけの、なんちゃってです。

でも、今はネットと言う手がありますから、かなりいろんなものをインドから寄せることが
出来ます。

いろいろ取り寄せてみると、結構面白いものがあるんですね~
さすが、不思議の国、インドです。

例えばこんなものが。
怪しいインドの品々

左端から、点鼻薬目薬・超しみる目薬何でもOKの軟膏甘草の粉
ホーリーバジルのカプセルです。

例えば、この超しみる目薬なんか、見ため思いっきりあやしい感じなんですけど、
実際使ってみると、ビックリするくらいしみて涙がガンガン出た後、スキっとします。
目が疲れやすい私の、必需品になってしまいました。

何でもOK軟膏も、虫さされか草かぶれかわかりませんが、足に湿疹のようなものが
出来た時塗ってみたところ、一発でかゆみがとれて翌日には小さ~くなっていました。

どちらも、何が入っているのか良くはわからないんですけど、ほとんど薬草らしいです。
(箱にちゃんと書いてあるんですけど、あまりに文字が小さくて読めない)

この軟膏は食べても良いとのことなので、きいちゃんのお腹にポツポツが出来た時に
使おうと思って買ってみたのですが、自分で実験した限りは良い感じ。

他にも、サプリのようなものもたくさんあって、ペットに使えるものもたくさんあります。
私はまだそれほど試していませんが、体力の落ちてきた老犬に食べさせたら
少し元気が出てきたとか、夏バテの子が食欲が出てきたとか、そんな使用者の声も
ありました。 

こういった薬草やハーブなどの類を、あまり信用しない方もいると思いますが
使い方で良い結果が出る事もあると、私は思います。

アロマトリートメントの方にお聞きしたところ、私のように根が丈夫で、ふだんあまり
ケミカルな薬などを服用していないヤツは、特に効くんだそうです。

西洋医学のお薬も、場合によっては、なくてはならないものです。
それを服用していないと、命に関わる事がある場合もあります。

でも自然のものが、意外に効く事もあるので、双方を視野に入れて健康管理に
役立てたら良いんじゃないかなあと思います。

ハーブはずいぶん普及してきましたけど、インド系も面白いと思いますよ。
興味を持たれた方は、このサイトがよろしいかと。

http://saffronroad.net/index.shtml


安いので、合いそうなものがあったらお試しあれ。

可愛い?
なんかきいちゃんの目が王子様みたいだと思うのは、私だけでしょうか(ですね、きっと)


明日から、河口湖に行ってきま~す。
ヘタレ会の皆と遊んできます。



良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村



わんこと何処でご縁を作ろうか
2011年06月16日 (木) | 編集 |

時々聞くのが、
ペットショップで一目ぼれして

ペットショップで買う事の是非を、今ここで問おうとは思いませんが、自分には
絶対あり得ない事だなあと思います。
だって、ペットショップに行きませんから・・・

中にはペットショップで売れ残っていたから、と言って引き取る人もいますよね。
「一目ぼれ」で「買う」よりは、個人的にはこういう方がずっと良いと思います。
安易な生体販売を許可している限り、絶対こういう子はたくさんいるはずですから。

杉本彩さんは、ご自身が今まで飼った動物は全て拾ってきて、買った事は一度もない
とおっしゃっていました。
こういう方はまた、捨てられている動物に目が行ってしまうというか、縁が出来てしまう
のでしょうね。

里親専門でご縁を作る方もいます。
また、特定の犬舎のわんこにほれ込んで、ご縁を作る方もいるでしょう。

大型犬が好きなのだけど、年齢的に子犬からは難しいから、里親で成犬を、
と言う方もいらっしゃいました。

盲導犬の引退犬専門、なんて方もいらっしゃいます。

どういうご縁でも、責任を持ってその子の生涯に付き合うのは、私は素晴らしいことだと
思います。

反面、やめてくれ!と思うのが、
1、子供が欲しいと言ったから
2、みんなが(あるいは好きなタレントが)飼っているから
3、流行っているから
4、なんとなく
5、一人で寂しいから
と言うケースです。

個人的に特に嫌いなのが、「子供が飼いたいと言ったから」「子供の情操教育のため」
と言った類のものです。

子供の言う事なんかアテになりません。3日経ったら、いや3時間後には他に興味が
移っているかもしれない。
それに、情操教育に生き物って、どうなんでしょう。
情操教育だったら、命を使わなくても他にたくさん方法はあるんじゃないでしょうか。

こういう人に限って、情操教育どころか、間違った手本を見せたりするんですよね。
(近所にいました。いい加減に飼って、何匹も早死にさせてた人)

不親切かもしれないけど、一人暮らしの老人が子犬を飼うのもどうなのかな・・・
家族とかが、何かあった時の後のフォローを約束しているのでない限り、
もし動物と触れ合いたいのなら、他の方法を検討して欲しいと思ってしまいます。

あ、でもレンタルペットは反対ですよ。
一度業者とやりあった事があるけれど、命に関しての見解の相違が大きくて
何を言っても平行線でした。

世の中いろんな考えの人がいます。
それは別に構いません。
でも命あるものとのご縁を考えた時、やっぱり真面目に検討して欲しい。
衝動買いなんて、ファッションじゃないんだから絶対やめて欲しい。

私は、ご縁の到来をただ待っていようと思います。
来るかもしれないし、来ないかもしれない。
でもきっと、その時が来たらわかる事でしょう。

だからやっぱり、ペットショップに行こうとは思わないのです。

すまし顔
きいちゃんは、ご縁があってウチに来たんだもんね

 

良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

ぱっくんまっくんが来た again
2011年06月14日 (火) | 編集 |

今日はホンマにメチャ忙しくて、長い1日でありました。

昼ごろおダンスに行って、帰って来てから昼食。(これは午前中に作っておきます)

それから、英語教室をひとクラスやって、終わったと思ったらぱっくんまっくん
やって来ました。
予定より30分ほど早くに。

来たと言っても、別に私はメインじゃありません。
ハイ、例の健康番組での、ターミ兄のダイエットについての撮影ざます。
だから私はあんまり関係ないんだけど、何故かまた引っ張り出されました。

2時間ほどの撮影で、前半はぱっくんまっくんを交えてのトーク。
後半は、ターミ兄のダイエットの記録についてのインタビュー(と言うのか?)です。

きいちゃんもまた登場しました。

今回はまっくん、リベンジを果たしましたよ。
ちゃんとすわって呼んだので、まっくんの所にもいきました。
まっくんにもぱっくんにも、可愛がってもらったきいちゃんです。
放映されるかどうかはわかりませんが。

ターミ兄がダイエット記録について、スタッフの方と撮影している間、私は
ぱっくんまっくんとお話していました。

ぱっくんには、一口英会話講座もしてもらっちゃいました。
そのあと、まっくんと英会話の事についてちょっとお話しました。

ぱっくんは、頭の回転が速くて、IQもEQも高そうな感じです。

対するまっくんは、とっても誠実な感じの良い人です。
英会話で苦労している話、実はとっても努力している話などをうかがいました。

26日にはスタジオ撮影があるので、良かったら来てねと言われました。
私は別にメインではないので行かないつもりでしたけど、行こうかな~とちょっと
迷ってます。

残念ながらきいちゃんはお呼ばれしていないので、お留守番ですね。

2時間ほどの撮影が終わってからは、明日の生徒の為の下準備です。
する事をちゃんと終えないと、ビールが美味しくありませんからね~
肩が凝り始めてきましたよ。

てなわけで、今頃晩酌タイムです。
あ~ほっとするなあ。

きいちゃんは、もう寝てしまいましたが。

でもぱっくんが言ってました。「きいちゃんは、ドアが開いてても出ていかないんですね~
ボクが今まで飼っていた犬は、隙間があると皆どこかに行ってしまって、家族中で
探したんですよ」って。

ええ、きいちゃんは良い子ですから、どこにも行きません。
ちょっと自慢げに言っちゃいました。「血統が良いんです。わけあって家族みんな
噛まれましたけど、今は良い子なんです」って。

ダイエットの事はそっちのけですが、ターミ兄のダイエットも、ちゃんとそれなりに
効果はありました。
ぱんぱんのどらえもんが、普通の太めのおじさんになるくらいですが。

それはまた、TVで見てくださいね。

記念写真です。

ぱっくんまっくんが来たagain


それから、これは全くの独り言でありつぶやきなんですけど・・・
例えば、ちょっと好きではない人物がいたとしても、その人の言っている事が
正しいと思ったら、私は大いに受け入れたいと思います。
誰が言ったから、ではなくて良いものは良い、悪いものは悪い。
価値判断はあくまでも自分ですべきだな、と思うのであります。



良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

わんこの価値
2011年06月13日 (月) | 編集 |

もうずいぶん前(たぶん20年以上前)ですが、ハスキーがブームだった頃がありました。

まだバブルの名残があったからでしょうか。
多くの日本人が海外の犬舎に行って、チャンピオン犬の子孫などを買いあさるので
値段がつり上がってしまって困る、と言う話を聞いた事があります。

本当だとしたら、ブランド大好きの日本人らしい、浅はかな行為です。

わんこは、ファッションのブランド物ではありません。
案の定、ハスキーの特性を理解していない日本人は、多くのハスキーを犠牲にしました。

どうして日本人は、ブランドに弱いのでしょう。

チャンピオン犬を飼うのは良いですけれど、チャンピオンにふさわしくない人間に
飼われてしまった子は、不幸です。

ファッションだって、ブランド物を身につけるには、それなりの資格を有すると思います。
シャネルのスーツを着てゴミ出しに行くニッポン人とか、アルマーニを着て
満員電車に
乗るサラリーマン
とか、かつて欧米で悪口を言われていましたけど、
その通りだと思いました。

良い犬というのは確かにいるけれど、それを飼うにはそれなりの資格が要ると思います。

きいちゃんの実家のtikilove母さんは、ご自分の繁殖した犬が粗末に扱われていると
取りかえしに行くそうです。

母さんの自信作であったはずのきいちゃんが、盲導犬センターから「う~パク犬」に
なってウチに来た時、ビックリした母さんは段ボールいっぱいのいろいろな資料や
おやつ、おもちゃなどを送ってきてくださいました。

どんなに注意してきちんと繁殖された良い血統の犬でも、どこかで間違えば
その真価が潰されてしまう。

だから、ブランド感覚で、ファッション感覚で、犬を飼うのは本当にやめて欲しい。

わんこの価値は、飼い主にとってその子を可愛いと思えるか、いとおしいと思えるか。
血統書がなくても、何とかチャンピオンの肩書きがなくても、流行りの犬種でなくても
その人にとって大事な子であれば、それで十分です。

わんこは、自分の肩書きなんて知りませんもの。
人間の浅はかな行いで、不幸な子を作りだして欲しくないです。

ヘソ天1

ヘソ天2

ヘソ天3

ヘソ天4

ヘソ天5

わんこが幸せそうにしているのを、見るのが幸せ。

 

「犬猫ものがたり4」
始まってま~す。

http://www.yhi1971.com/inunekomonogatari/


あ、そうそう。明日また、パックンマックンが来て撮影だそうです。
なので、次回の記事はその話を。
またきいちゃんが、パックンの方に行ってマックンを無視するのかなあ。

 

良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

きいちゃんの順位付け
2011年06月12日 (日) | 編集 |

わんこが家族にランク付けをすることは、良く知られていると思います。

たいてい、お父さんかお母さんが1番で、その次が自分。子供さんがいたら、
最下位だったりしますよね。

わんこが自分を1番だと思う事はよろしくないと言われていますが、小型犬では
それが結構許されてしまっているんじゃないか、と思われる事が良くあります。

今朝も、隣のチワワんずがキャンキャン鳴き通しでとってもうるさい。
完全に、飼い主さんを無視しています。

散歩の最中も吠えているのは、もはや自分が誰よりも強いと勘違いしているのでしょう。

もっとビシっとしつけて欲しいなあと思うんですが。

まあそれはさておき・・・

爺様の場合、一応私が1番でしたが、場合によっては同格でした。
でも、それはボスになりたいとか、私に反抗するとかではなく、親子かきょうだいのようで
ランク付けとはちょっと違う感じですね。

とうちゃん・かあちゃんはもちろん自分より下だったようで、後から参加したターミ兄の
地位も、あまり高くはなかったみたいです。

だからと言って、威嚇したり吠えついたり、なんてことはありませんでした。
このあたりが、レトリーバーの性格なのかなあなんて思います。

きいちゃんは、と言うと爺様とはちょっとまた違う感じ。

どう考えても私が1番で、その次は一応ターミ兄、その後ジジ・ババと続きます。
なぜそれがわかるかと言うと、おたかりの時のの出方なんですね。

きいちゃんは、私におたかりをする時は、黙って伏せて私が食べ終わるまで
待っています。

でも、とうちゃんにたかる時は、「♪ぶうぶうぶう~ぶうぶう」と、妙な節回しがついて
かなりやかましい。

ターミ兄だと、ぼそぼそ控えめではありますが、それでも「ぶうぅ~」が時々聞こえます。

かあちゃんにいたっては実力行使で、強奪こそしませんが、鼻先でつんつんします。
「こら、こら」とか言ってますが、コマンドを出さないのであまり効果はありません。

私が後ろから、「きいちゃん、良い子で待っていようね」と言えばちゃんと伏せるんですが。

散歩の仕方でも、良くわかりますね。
ターミ兄だと結構気ままに歩いてしまいますが、私だと一応いろんな誘惑にも
歯止めが効きます。(きいちゃんより先に気がつけば、ですが)

ジジババでは、もちろん散歩は不可能です。
庭にトイレに出すのが精いっぱい。
それでも、たまに足を拭きそこなったりしているようです。

家族のランク付けの仕方にも、それぞれのわんこの性格が見えておもしろいと思います。

皆さんのわんこはいかがでしょう。

やっぱりお母さんが一番のケースが多いのかな。

いつもの冷蔵庫の前で
だってその方が得だからでし


ところで、前回・前々回とお知らせしていますイベント「犬猫ものがたり4」
ですが、今回は写真展だけでなく、手作り品や書籍の販売・トーク・里親会・ドッグカフェ・
ワークショップコンサートなど、いろいろな催しがなされるそうです。

で、私もラブ爺の本を何冊か置かせていただくようにお願いしました。

お近くの方、お時間のある方、良かったらお出かけになってみてくださいね。
今回は26日までと期間も長いので、是非。

http://www.yhi1971.com/inunekomonogatari/


 

 

良かったら・・・ 
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

律儀なきいちゃん
2011年06月10日 (金) | 編集 |

足袋みたいになったビーサン
足袋と草履の合体のようになってしまったビーサン 

それでもきいちゃんのお気に入りのようなので、まだ捨てずにいます。 

ところで、また親馬鹿ネタを見つけました。

きいちゃんが、食後にエビオスを1錠もらっている事は、以前どこかで書きました。

なんでセコく1錠しかやらないのかと言うと、おたかりの後にもいちいちもらいに来るので
食べ過ぎないよう1錠ずつにしているのです。

自分に必要な事や、口に入れる物に関する事は、特別教えなくてもすぐに理解して
覚えるきいちゃん。
「エビオス」とか「エビ」と言う固有名詞もすぐに覚え、「もらっておいで」と言うと、
トコトコかあちゃんのところに、もらいに行きます。

何でかあちゃんかと言うと、かあちゃんがエビオスをよく飲んでいるからなんですね。
なので、エビオスの瓶はかあちゃんのマッサージ椅子のところに置いてあるのです。

でもきいちゃんに、「エビ、もらっておいで」と言っても、こちらを見て行かない時が
あります。

そういう時は、すでに自主的にもらいに行ったあとなんですね~
かあちゃんに聞くと、
「もう来たわよ」
と言う。

「もらっておいで」と言われたのだから、知らんぷりしてもう一度もらいに行く事も
出来るんですが、ヘタレのきいちゃん、そのあたりが律儀です。

じっと見ているのは、
「え、もうもらったでしよ?」
と言っているのでしょう。

こういう正直なきいちゃん、可愛いなあと思います。

ガジガジ

ええ、ええ、わかっていますとも。親馬鹿ちゃんりんこだって・・・

 

それでも良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

 

あ、それから、こちらもよろしくです。
もう始まってま~す。

http://www.yhi1971.com/inunekomonogatari/

tikiのオフ会&イベントのお知らせ&お利口きいちゃん
2011年06月09日 (木) | 編集 |

きいちゃんの実家、tikilove houseのオフ会が、今年も開かれる事になったそうです。

詳細は、tikilove母さんのブログや兄弟わんこさん達のブログを見ていただくとして・・・
http://usakaori.exblog.jp/

http://rasler0408.blog118.fc2.com/blog-entry-391.html#comment


tikiloveって何?と思う方に、ちょっとだけご紹介させていただきますね。
tikilove houseは、ラブとゴルのブリーダーさんです。
特にラブは、イギリスの盲導犬をたくさん輩出している犬舎、ガイドウェルの血統の
流れを汲むわんこがたくさんいます。
ですから、tiki出身で盲導犬になった子もたくさんいます。

きいちゃんのパパ、カイ君もガイドウェル出身です。(カイ君はイギリスから来たので
tikiの子ではありません)
きいちゃんは、ワケアリなんちゃってキャリチェンですが、同胎のきょうだいには
盲導犬候補の繁殖犬をしている子がいたり、異母兄弟で候補になった子がいたりと
なかなか優秀な子が多いです。

でも、なんちゃってキャリチェンとは言え、きいちゃんもその一族ですから頭は良いです。

先日、「おお、やっぱりきいちゃん、盲導犬の血統の子じゃ」と思う事がありました。

盲導犬の訓練の中に、不服従と言うのがありますよね。ユーザーさんがGoと言っても
危険だと判断したら動かない、アレです。

ただ従順なだけでなく、考えて判断する事が出来ないとこの訓練は合格出来ないとかで
最も難しいと聞きました。

もちろん、きいちゃんにそんな事は出来ませんが、考えて判断する能力は
なくはないです。

数日前の事ですが・・・
我が家は老人と我々の二世帯なのですが、大方の老人がそうであるように、
我が家の老人達も、夕食の時間が早いんですね。
なので、ターミ兄と私は、その後に夕食を取る事が多いです。

で、先発隊の夕食が終ると、私はきいちゃんに、二階にいるターミ兄を呼んでくるよう
頼む事にしています。
いちいち二階に行くのは、めんどくさいですから。

ご相伴にあずかる事が出来ると思っているきいちゃんは、特別に教えなくても
ご飯(これがキーワード)だから、お二階に(これもキーワード)行って呼んでおいで」
というだけで、さっさと二階に呼びに行ってくれます。

ある日の事、先発老人隊の夕食が終って、我々の食事の支度をする前に
私は生協の注文書を書いてしまおうと思って、すぐにきいちゃんにお呼び出し係を
頼みませんでした。

にも拘らず、間もなくターミ兄が下りて来たではないですか。きいちゃんと一緒に。

「きいが呼びに来たよ。ご飯だって」
「え~私頼んでないよ」

きいちゃんを見ると、お座りをしてシッポを小刻みにぷりぷり振っています。
「ボク、気を利かせて呼んできてあげたでしよ」
と言わんばかりに。

う~ん、ご飯の事となると、お願いしなくても進めてしまうのか。
確かに先発隊は終わった。その片づけも終わった。
だから次は我々の番、てか。

間違ってはいませんが、おかげで生協の注文書は後回しになりました。
まあ良いんですけどネ、いつ書いたって。

というわけで、状況判断が出来るきいちゃんです。

え、それは賢いんじゃなくて、ただ卑しいだけ?

まあ、良いじゃないですか。
愛犬日記と、親馬鹿日記は紙一重なんですから。

気が利くでし?

だからちょうだいでし

ところで、もう一つイベントのお知らせです。
4月に、表参道と辻堂でRocoさんの写真展が開かれましたが、同じ表参道の会場で
またまたイベントです。

詳細はこちらを。
http://www.yhi1971.com/inunekomonogatari/

Rocoさんの写真もまた展示されるそうですが、それ以外にもいろいろなイベントが
あるようです。

お近くの方、時間のある方、寄ってみてくださいね。
私も時間を作って、お邪魔しようと思ってます。

 

良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

あらら 2(ちょこっと追加あり)
2011年06月08日 (水) | 編集 |

昨日は記事を書かなかったのにも関わらず、とうとうランクが3位になってしまいました。

上位常連の皆さま、じきに退きますのでちょっとだけお待ちくださいね。

くだんのブログについては、言いたい事はもうあらかた言ってしまったし、何度も
繰り返し書くつもりはありません。

記事が矛盾に満ちているので、馬鹿馬鹿しくて書きようがないのです。

例えば、ネット上の記事や情報などは所詮バーチャルなのだから、どこまで真実か
わからない、と指摘しながら、そのネット上の僅かな情報のみで、他人を
お涙ちょうだい呼ばわりする矛盾。

会った事もなければ、話をした事もない人達について、どうしてそう決めつけられるのか
私には理解不能です。
もしかして、透視能力でもあるのでしょうか。

そもそも、「苦しんでいる犬」を「人間の都合で」「獣医師の判断を振り切って」僅かな期間
「同情の延命」をしている人なんて、私の周りにいません。
どこからそんな情報が出てきたのか、誰の事を言っているのか、もはや意味不明です。

そして、コメントなども、理解度を示しているとは限らないと指摘しておきながら、
ランキングに参加して発信を続ける矛盾。

コメントなんて、そもそも人にお願いして書いてもらうものではないのだから、
なければその記事が人の興味を引かなかったか、賛同できないか、コメントの
しようがなかったと解釈するのが、あたりまえの思考回路ではないでしょうか。

犬ブログを書くような方達は、皆ご自分の犬をとても愛していると思います。
それぞれのやり方で、その状況に応じて。
どこかに迷惑をかけているのでなければ、他人がとやかく言う権利はないと
思います。

おかしな話に関する記事は、これでおしまいにします。
愛に満ちていない話は、気分が悪くなりますからね。
読んでいる皆さんも、楽しくないと思いますし。

次回は「普通の」愛犬日記にしたいと思いますので、良かったらまた覗いてやって
くださいね。

 

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
あらら
2011年06月06日 (月) | 編集 |

ちょっと思った事を正直に書いたら、ランキングが妙に上がってしまいました。
同じ思いだった方が、たくさんいらしたと言う事なのでしょうか。
別にポイントを期待していたわけではなく、ただお友達の苦悩やお仲間さん達の善意を
軽んじないで欲しいと思っただけなんですけどネ。

あんまりランクが上がると、お友達やお仲間さんに迷惑かもしれないので、話題を
変えようと思います。

私はスピリチュアルとか霊的と言った言葉は好きではありませんが、目に見えない
大きなパワーは存在すると思っています。

思っていますと言うより、感じていると言った方が良いかもしれません。

と言っても、私はいわゆる霊感人間でも何でもありませんし、特別に何かを
見たりすることもありません。

それでも、ある種の波動は感じる事があります。

正しく生きると言う事は、その波動を大きく乱すことなく生きていく事ではないでしょうか。

そうすると見えてくる、いろいろなものがあると私は思います。
心が乱れていると、大きなパワーからの通信が感じられなくなるんですね。
それはちょうど、発信は正しいのに受信機が壊れている状態と同じです。

そうならないよう、気をつけていきたいと思います。
何よりも、わんこ達の為に。

だって可愛いですから、この子達は。 

ずり落ち
可愛いおちりをなでなで

 

良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

言うは易し
2011年06月05日 (日) | 編集 |

行うは難し。

時々思います。
あれこれ言うのは簡単。
他を批判するのも簡単。
でもあなたの行動は?

皆さんにポチをお願いしているように、私はブログランキングに参加しています。
なぜ参加しているかと言うと、少しでも多くの方の目に触れて欲しいから。
そして、自分もまた多くの情報を取り入れたいからです。

だから、コメントは残さなくとも、人気のブログや記事にはなるべく目を通すように
しています。

それによって、「ああ、そうなんだ」と気づく事もあります。
横の交流が見える事もあります。

でも、なかには「何だろう?」と思う記事にも出くわす事があります。

人気記事のなかに、センセーショナルなタイトルでよく上位にランキングされている
ブログがあります。

でもその内容は、他を非難するものがほとんど。

わかっているのだからよせばいいのだけれど、「今度はどこを攻撃しているのだろう」
とついクリックしてしまいます。

意見ですから、何を言おうとそれは構いません。
でも、やはり言って良い事と悪い事があります。

先日、このブログの主が、私の友人と思われる方の介護について、持論を
展開していました。

もちろん個人名は出されていません。
ではなぜ気がついたかと言うと、そのお友達について、私やsayakaさんの書いた
記事が、人気記事の上位ランキングに載っていたからです。
おそらく、これを読んで批判していたのでしょう。

その人は、末期の症状を持った犬に対して、「足を引っ張るのは馬鹿馬鹿しい。
ましてそれについて皆で騒ぎたてるのは、愚の骨頂」と言わんばかりの意見を
述べていました。

正直、私はむっとしました。

自身のブログで何を書こうと、それはその人の勝手。
でも、自分が持っている僅かな情報のみで、訳知り顔に勝手な持論を展開されるのは
不愉快です。
物事は、あらゆる角度から検証して初めて、モノ申す権利があるのではないでしょうか。

その人の少々過激な記事に対して、アクセス数はそこそこあるそうですが、コメントは
ほとんどありません。
無いと言う事は、賛同する人が少ないということでしょう。

或いは、「何か言っても無駄」な感じがするので、誰も何も言わないのかもしれません。
私もコメントを残そうかと思いましたが、おそらくはヒステリックな揚げ足取りに
終始するだろうと思って、やめました。

こういう過激に他を非難する人は、往々にして自分はたいした事をしていません。
そもそも、一所懸命何かに打ち込んでいる、あるいは責任を持って何かをしている人は
他を非難誹謗する時間などありません。

また、先に述べたように、あらゆる事を検証して、それからでないと軽々しく批判など
出来ないものです。
想像や、推測で発言するのはいかがなものか。

知ったかぶり人間ほど、浅はかで醜いものはありません。

汚らしい言葉で他を非難・批判する時、人はものすごく悪い気を発します。
ですから、こういう批判屋さんのまわりには悪いオーラが充満していることになります。

一時むっと腹を立てましたが、関わるのも馬鹿馬鹿しい。
悪い気に囲まれて病気になりませんよう、どうぞお大事に、と申し上げておきましょう。

可愛いきいちゃんのために、悪いオーラは取り除かないとね。

お風呂上りの骨かじり1
お風呂上りにガジガジ

お風呂上りの骨かじり2
頑張ってるのでし


良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村




おしゃべりきいちゃん
2011年06月03日 (金) | 編集 |

来たばかりの頃は、無口でだんまりで、何を考えているのかよくわからなかった
きいちゃん。

最近では、「うるさいきいちゃん」と呼ばれています。
そして、「わかりやすいきいちゃん」とも言われています。

とにかく良くしゃべるんですわ。
ぶうぶう声を出してしゃべる。
目でしゃべる。
態度でしゃべる。

爺様もうるさいタイプでしたけど、また違ったタイプのおしゃべりです。

食卓での「ぶう」は、「早くくださいでし」
狭いところをのぞきこんでの「ぶう」は、「あれが取れないでし」

外を見て「ぶう」と言う時は、「お外に出たいでし」
出たくない時は、呼んでも来ません。顔で
「今出ないでし」
と言います。

不満の「ぶう」もあります。
散歩を待っているのに、なかなか人間が動かない時は、大きなため息まじりで「ぶう!

じっ~と見つめる目も、いろいろ語っています。
「遊ぶ?遊ぶでしか?」
「散歩でしか?」
「ボク可愛いでし?だから何かくださいでし」
「お留守番のご褒美でし」
などなど。

態度でも示します。
鼻先で小突くのは、何かの催促や文句を言う時。

かあちゃんが、「アンタはでっかいわね~」と言った時は、怒って鼻でかあちゃんを
小突きまわしていました。

「違うんでし!そうじゃないんでし!」
と言う時は、飛びかかって何やら一所懸命に訴えます。

カイロの施術を受けている時、イタ気持ち良い時はもぞもぞ悶えて、完全に
気持ち良い時は半分寝ています。
カイロの先生にも、
「きいちゃんは、わかりやすいね」
と言われます。

オモシロきいちゃんです。

犬に話なんか通じるか、と言う人がいたら、それは間違いです。
犬は、会話出来る動物だと思います。
話の全く通じない、アタマの少しおかしい人間よりも、よっぽどわかると思います。

犬と暮らす楽しみの一つは、話が通じるからじゃないかな。
私はそう思います。

ビーサン大好き3
まだ続いているビーサンブーム


良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村