要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平和主義のきいちゃん
2010年11月30日 (火) | 編集 |

きいちゃんはヘタレです。
そして、平和主義です。

大きな声は嫌い。怒鳴り声や言い争いや、険悪な雰囲気も嫌い。

誰かがTVに向かって文句を言っても、おろおろしながら
「ダメでし、怒ったらいけないでし」
とすり寄ってくる。
とても可愛いきいちゃんです。

だからきいちゃんがいると、本気で怒れません。
本当は、
「ざけんな!馬鹿野郎!」
とか怒鳴りたくても、きいちゃんがいたらビックリするのがわかっているので、
出来ません。

きいちゃんは、おだやかで平和な空気が好きなんですね。
きいちゃん自身も、悪さや刺激的な事もしませんし。

人間の方が、よっぽどイライラのタネを撒き散らしている今の世の中、
きいちゃんがいることは癒しです。

こんな顔で見上げられたら、知らず知らず眉間にシワが寄っているかもしれない
私も気持ちも、ふっと緩みますわね。

癒しのきいちゃん1

般若みたいな顔で、怒鳴りまくっていたかもしれない私の毎日を
かなり平和に緩めてくれるきいちゃん。

癒しのきいちゃん3

わんこって、ホントに偉いですね。

いやしのきいちゃん2

 

良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
きいちゃんがウチに来たワケ
2010年11月27日 (土) | 編集 |

爺様ときいちゃんは、全く違う。
まるで悪魔と天使のようだ。

爺様は完全に犬離れしていて、悪ぅを極めた極悪わんこ。
対するきいちゃんは、いぬ可愛い犬そのもので、気の小さい善良なわんこ。

この二人が、ず~っとたどっていくと遠縁だと言うのが不思議だ。

共通しているのは頭が良いこと、そして人を良く見ていること。

最近、なぜ爺様がきいちゃんを選んだのか、少しだけわかってきたような気がする。

きいちゃんは訓練性能の良い、しつけのしやすい子だ。
でもキャリチェン時代は、もらってくれる人がいなかった問題児でもあった。
何故なら、シワシワの顔で唸って噛みついたから。
この大きさで唸ったら、それだけでリジェクトされても仕方がない。

きいちゃんが最初から普通の家庭犬だったら、私と出会う事はなかったと思う。
問題を抱えていたから、爺様が目を付けたのではなかろうか。

そして、ワンコのかあさんに耳打ちした。
ワンコのかあさんは「わんこの母さん」だから、ちゃんとその言葉を受け取って
こちらに伝えてくださった。

それで、きいちゃんは我が家にやってきた。

爺様の思惑は、
「悪ぅを極めたわしが鍛えてやったから、このくらいなんでもなかろう」
「本当は、この子は良い子なのじゃ。
わしの一生に付き合ってくれた姉ちゃんに、普通のわんこライフを味あわせてやろう」
だったのではないか。

そして爺様とはまた違ったご縁を、きいちゃんが後ろにたくさん持っている事も、
爺様はきっと知っていたに違いない。
おかげで、私の悪い頭では把握できないほど、全国にいろんなご縁が広がった。

何度も言うけれど、きいちゃんは本質的に良い子だ。
ノーリードでどこでもOKになるまで、もう少しだと思う。

歴代のわんこの中で、打てば響くように反応するのはきいちゃんだけだ。

爺様は、知っててやらんかったもんな。
それから思えば、言えば聞くって何と感動的な事か。(これも爺様の思うつぼか?)

でも、爺様と付き合わなかったら、私も勉強不足で「う~パク」きいちゃんには
付き合えなかったかもしれない。
極悪爺に手こずったからこそ、少しくらいの悪癖には驚かなくなった。

こうしていろいろ考えると、やっぱりラブ爺は偉大だ。
先日のお友達の訃報を、誕生日に知らせてくるあたり(勝手にそう信じている)も
只者ではない。

介護の経験もしっかりさせてくれたおかげで、老犬のお世話ぺットロス対策
学習させていただいた。

きいちゃんの訓練性能を引き出す課題をパスすれば、ほとんどわんこについては
学ばせてもらった事になる。

あとは、子犬の育児をもう一回かなあ。

このご縁も、爺様におまかせだ。
適当な時期に、適当な子を選んでちょうだいね。
もちろん、ご縁があれば、だけど。

若き日の爺様
若き日の爺様

おマヌケ顔
そしてきいちゃん。同じラブとは思えないほど、きいちゃんはお子ちゃま顔やね


良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

多和田さんのセミナーに行ってきました
2010年11月24日 (水) | 編集 |

きいちゃんの妹わんこ、ルナちゃんのママTinakoさんからお誘いをいただいて、
行ってまいりました、富士宮の富士ハーネスまで。

多和田さんは、「犬と話を付けるには」や「クイール流 愛犬のしつけ方」など著書も
多数書かれている、盲導犬の訓練士です。
まあ、ラブを飼っている方は知らない方はほとんどいないと思いますが。

で、このセミナーでは、レクチャーの他に一人づつワンポイントレッスンをしていただける
と言う事だったので、きいちゃんを連れて行きました。

14組のわんこと飼い主さんが、ひと組づつ気になっている事などを相談していきます。

こんな感じ。
多和田さんのセミナー2
右端が多和田さんです

この日はプロのカメラさんが入っていたので、他の方を断りなしに撮影するのは
宜しくないと思い、きいちゃんを数枚撮っただけで写真は遠慮しました。
そのうち、Tinakoさんのところでちゃんと見られると思います。

参加していたわんこたちは、小型のラブラドゥードゥルからニューファンまで種類は
多彩。
でも見ていて思ったのは、どの子もきちんと基本のしつけが入っていて、それ以上
望むのは贅沢でないかい?と思うようなケースがほとんどでした。

そのような場合、多和田さんは何も仰らず、
「良いんじゃないですか」
という回答しかしていませんでした。

時間とお金をかけて、こういうところに来るような飼い主さん達は、そんなに問題は
ないんですよね。
来た方が良いのに、と言う人ほど絶対来ないんだよな~

それはさておき、きいちゃんの順番が回ってきました。
私も他の飼い主さん同様、何が何でもこれは困る、ということはないので、
きいちゃんの犬づきあいのヘタクソさ加減を相談しました。

実は、私の中では多和田さんに知っていただきたい事がありました。
きいちゃんが、多和田さんとお友達であるtikilove母さんちの出身であること。
それなのに、「う~パク」犬であった事。
キャリチェンで、そういうケースがあった事をお耳に入れたかったのです。
そんな事はご存じかもしれませんが、tikiloveの子ですらそういう事になるケースが
あると言う事を、一度は直にお話すべきだと思っていました。

ですから、私はしつこく言いました。この子はもと「う~パク」のクセがあって、と。

他のわんこにマウンティングをしかけたり、ヘタレのくせにちょっと威嚇腰になるのを
避ける事は、私にも出来なくはない事です。

私が聞きたかったのは、そういう傾向のあった子だから今まできつく「ノー」を
教えなかったけれど、そろそろお尻ピンくらいしても良いですかね、と言う事です。

客観的に多和田さんがご覧になって、きいちゃんがどのように見えるかを
お聞きしたかったのです。

多和田さんは、「良いんじゃないですか、全然大丈夫ですよ」
と仰いました。そして、
頭をはたけるくらいの間柄の方が良いじゃないですか」
とも。

そっか、きいちゃんはもう、普通の子とほとんど変わりないように見えるんだな。
それじゃあ、これからはもう少しメリハリのある接し方もしてみよう。

このセミナーの模様は、後ほど販売もされるとの事なので、興味のある方は
ご覧になってみてください。

あんまりネタばらしをしてしまうと良くないと思うので、多くは言いませんが
二つだけ、ここに来てくださった方にこっそりお教えしますね。

しつけや、犬と話をするコツです。
まず、無理な事を期待しない事。
犬種や性格などで、絶対に無理な事があります。それらを期待したり、一方的に
人間からの要求だけを押し付けるのはNGです。
自分の犬の特徴や性格を、ちゃんと見て話をしないといけません。

それから、しつけのコツとして、「犬は二つの事を同時には出来ない」そうです。
例えば、噛みクセや飛びつきなど良くないクセがある場合、問題行動を起こしそうに
なった時点で「お座り」とか「フセ」など簡単なコマンドを出します。
そして、すぐそれに反応しなかったら「ノー」を教えます。

ここで大事なのは、問題行動が「ノー」なのではなく、すぐに反応しなかった事が
「ノー」なのだと教える事です。

お座りやフセなどのコマンドは何のためにあるのかと言うと、「イエス」と「ノー」を
教えるためなのだそうです。

私もかねがね、問題行動自体がいけないと教える事はとても難しいと思っていました。
そこが人間とは違うところなんですね。(昨今は話の通じない人間もいますが)

その他にも、ベテラン訓練士ならではのタイミング、ちょっとした犬に接するコツなど
とても参考になりましたよ。

セミナーの間中、きいちゃんはほとんどおとなしくしていました。
多和田さんのセミナー1
寝てやんの

時々退屈すると、近くにいたお姉さんのところに遊びに行くくらいで、問題行動は
特にありません。
多和田さんのセミナー3

ふと思いました。
爺様が若くて悪さバクハツの時に、こういうセミナーがあったらなあと。
そうしたら一番で駆けつけて、多和田さんに聞いたでしょう。
「この子は自分を犬だと思っていなくて、悪行三昧なんですけど」
って。

そうしたら、多和田さんは何とお答えになったかなあ。
「良いじゃないですか。そういうふうにお育てになったのだから」
なんて言われちゃったかな。
そうかも・・・

このセミナーで、ルナちゃんともう少しゆっくりしたかったのだけど、Tinakoさんは
主催者側でとてもお忙しそうだったので、またの機会にのんびりお話出来たら
と思います。
ルナ
ルナちゃん。やっぱり兄妹、似てますね~

帰りは渋滞に巻き込まれてちょっと残念でしたけど、たまにこういう機会も
良いものだな~と思いましたわ。


良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

きいちゃんは、いぬ
2010年11月21日 (日) | 編集 |

大きな図体で家の中をのそのそ歩いているきいちゃんを見て、かあちゃんが
「きいちゃんは、ねえ」
としみじみ言った。

かあちゃん曰く、当たり前のように朝から晩までそばにいると、何となく子供のような
気がするそうなのだが、エビオスをもらいに、ぬうっと顔を出すきいちゃんは
やっぱり犬の顔をしている、と。

そりゃそうだわな~だって犬だもん。
犬じゃなきゃ、何だって言うんだい。

ラブは頭も良いし、人間とコミュニケーションをとるのも上手だ。
だから時折、犬である事を忘れそうになる。

でも姿かたちは、まぎれもなく犬なんだよね。

きいちゃんは、爺様に比べたら本当に犬だと思う。
たぶん、きいちゃんも自分は犬だと思っているだろう。

では爺様はどうだったかと言うと、どうも犬ではなかったような気がする。
戸籍上は犬なんだけど、本犬も自分を犬だとは思っていなかっただろうし、私も
あまり犬扱いをしなかった。

何故って、犬っぽくなかったから

犬の遊びはほとんどしないし、犬同士の遊びもほとんどしない。
何を考えて(企んで)いるのかわからない顔をしていたし、妙に訳知り顔だったし
晩年にはもはや妖怪のようだった。

爺様は犬ではなく、ラブ爺という特定の生き物だった気がする。

爺様に比べたら、きいちゃんと暮らすのはとっても楽だ。
きいちゃんは犬でいてくれるので、わけのわからない事がほとんどない。

可愛いお利口なわんこ、それがきいちゃん。

きいちゃんは、年をとっても妖怪にはならないだろう。

それとも、得体の知れない生き物になるのかな。
ならなそうな気がする。
まあ、なりたかったらなっても良いけどさ。
爺様で鍛えられているから、どんなふうになっても平気だよ。

つまんないでし
こういう写真は、爺様にはないなあ

 

良かったら・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

爺様生誕21年に思う事
2010年11月20日 (土) | 編集 |

昨日11月19日は、ラブ爺の誕生日。
生きていれば21歳、普通はあり得ない年齢である。
もともと、私は亡くなった子の誕生日を祝う事はしない。
だって祝っていたら、年々ジジイになってしまうし、それはその子の望むところでは
ないだろうと思うから。

でも11月19日は、私にとっては大切な日であり、忘れる事の出来ない日であり
特別な日である。

毎年思う。ああ、この日にあの爺様が生まれたんだなあと。

今年は、その爺様の誕生日に、二つ思う事があった。

一つは、爺様の本を読んでくださった方の愛犬の、週命日であったこと。
お会いした事はないが、16歳10カ月になる黒ラブさんの介護をするなかで
迷いを感じた飼い主さんからメールをいただき、何度かやり取りをした。

私は専門家でも何でもないのだけれど、何かお役に立てばと思い、私の思う事を
ただ正直にお話しした。
少しはお役に立てたのかもしれない。
週命日を迎え、少しだけほっとしているであろう飼い主さんに、心ばかりのお花を
お送りした。
その日が、たまたま爺様の誕生日であった。

飼い主さんいわく、そのわんこの気配はもうあまりしないとの事。
私は、爺様が生誕サービスで、お迎えに行ったのかもしれない、などと勝手に考えた。
「大サービスやで」
とか言いながら。

そして、もう一つ考えさせられた事がある。

ほんの2.3日前、見知らぬ方からのメッセージで(どこかでHNをお見かけしたような気も
するのだが)、爺様時代に行き来していたわん友さんが亡くなった事を知った。

爺様が存命の頃には、いろいろ心遣いをしてくださり、亡くなった後も命日のたびに
お花を送って下さったりした方だ。

その方のブログはお休み中だったのだが、何か更新されているかなと、
時々覗いてはいた。
でも更新される事はなかった。

まだまだ私よりずっと若かったのに、まだ小さいお子さんもいるのに、
何だか信じられない気がした。

わん友さんのプライベートを、突っ込んで聞く事はほとんどない。
でもお話しているうちに、「そうなんだ」と思う事も結構ある。
複雑な生い立ちや、家庭環境や、離婚の話などなど。

この方が離婚したところまでは知っていた。
でもその後は、時々どうしたのかなあと思うだけで、ずっと御無沙汰していた。

知らせていただいて、良かったと思う。
もしかしたら、お世話になって大好きだった方だから、爺様が教えてくれたのかも
しれない。

長く生きたわんこと、儚くも他界しまった人間のお友達。

生きるって結構大変な事なんじゃないか、と思う。

枕大好き2
きいちゃんはお気楽だね

枕大好き
きいちゃんはお気楽で良いよ


良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

長野でお遊び その続き(追加写真アリ)
2010年11月20日 (土) | 編集 |

楽天は、1日の写真登録容量が決まっているのが、不便でおます。

えっと、ラス君から続きですね。
ラスラ

彼の視線の先は、ターミ兄です。

ラス君に限らず、ほとんどの親戚わんこ達は、人間の食事中たかりません。
しかし、誰かがたかっていれば、やっぱり気になるのが自然です。

きいちゃんは、食べ物に関しては、一定のルールを設けてはあるものの
かなりゆるくしてあります。
それは、きいちゃんだからです。

でも、他のわんこにしてみればそんな事は知りません。
たかれるものならボクも・・・

だからターミ兄は食事中、いつもわんこ達の熱い視線を集めて、モテモテです。
一番ゆるい場所ですからね。
知っている子は、ルナちゃんのようにさっさとやってきてもらっちゃいます。

この日は、宿の常連さんのボルゾイコンビも一緒でした。
およそのボルゾイ
同じ犬とは思えないくらい、小顔~

そして食事のあとは、男子達はお馬鹿遊びをします。(女子は知らん顔)

きいちゃんの標的は、おとなしいアヴィちゃんです。
弱い者いじめ
乗っかっても・・・

弱い者いじめ2
乗っかっても何も言わないアヴィちゃん。完全に図に乗ってるきいちゃんです

さて翌朝、リンゴ狩りに行く予定でしたが、その前に皆でランでひとっ走りします。

ドッグランでラスと
やっぱりラス君は仲良し

ドッグランでラスと2
かなりはじけて遊んでます

そしてまたまた、男子達はお馬鹿な遊び
お馬鹿な男子達
誰に乗っかられても穏やかなアヴィちゃん。乗っかってるのはハウたんか?

もちろん、女子はこんな遊びに参加しません。
わんこがたくさんいると、♂♀の差が良くわかって面白いですね~

ドッグランでひと遊びした後、皆で車で移動してリンゴ園へ。
わんこも一緒に入れる、珍しいリンゴ園です。

「ここからここまで、全部取ってください」
と陽だまりのオーナーさんに言われ、皆でリンゴを取りまくります。
落ちたものは、わんこ達が食べまくり。

ママ達がきちんと皮をむいたものを、行儀良く食べる子もあり、ひたすら落ちたのを
食べまくる子あり・・・
わらわら

ちなみに、きいちゃんも丸ごとくわえたりしていましたが、イマイチ上手に食べられない
(ワイルドになれないの~)らしく、ターミ兄が半分に割ったりしていました。
リンゴ食い2

リンゴ食い
口の中にまるごとリンゴ~

しこたま取ったリンゴは、各自箱に詰めてお持ち帰り~

そのあと、陽だまりさんが用意してくれたお弁当をいただいて、解散となりました。
前泊組のアヴィ家とウチは、ここで失礼しました。
本当は、もう一泊したかったんですけどねえ。

でもきいちゃんをたくさん遊ばせられたし、ワンコのかあさんと秘密のお話も出来たし
有意義な休暇でしたよ~

また遊べると良いな。
きいちゃんは、兄弟達と遊ぶとヘタレ度がちょうど良いみたいで、安心してはじけてます。

いろいろ手配してくださったYさん、ありがとうございました。
それから、お付き合いくださった皆さん、お疲れ様&ありがとうございました。
また遊びましょうね。

 

良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

長野でお遊び 夕食編
2010年11月17日 (水) | 編集 |

さて翌日、皆さんが到着するまで我々はお蕎麦を食べに行ったり、土産物屋の物色したり
あとはゴロゴロしたりと、お休みを満喫していました。

で、夕方くらいから続々と皆さま御到着。
この日、ハウたん達はお仕事を終えて夜遅くに到着とのことで、夕食には
間に合いませんでした。

わんこいっぱいで、賑やかな夕食風景です。

犬と同化するかあさん
手前から、きいちゃんの兄弟デューイ君パルちゃんアリババちゃん
そして、わんこと同化しているワンコのかあさん、そのむこうにサニーさん

デューイくん
可愛いのがこの子。きいちゃんの次の次に生まれた弟、デューイ君
いっつもこうやってママの膝に乗っかってるんです。

パルちゃん
そのデューイ君のお姉ちゃん、キャリチェン犬のパルさん
静か~に奥に引っ込んでいたので、こんな写真しか撮れなかった。
ごめんね、美人に撮れなくて・・・右側は、ママの膝に乗っかってる
デューイ君のおみ足。

あーにゃ
この子はあーにゃかな。ゴルの女子です。ハウたん・リム蔵さん
お友達で、サニーさんの姉妹です

アリババちゃん
ワンコのかあさんちの、アリババちゃん。メラノーマが少し大きくなっていましたが
元気そうでした。

サニー
同じくかあさんちのサニーさん。写真がボケボケでごめんね~

ルナ
勝手に動き回って、ガードの甘そうなターミ兄にたどりついた
かあさんちのルナさん。ちゃっかりもらってました。

アヴィ
この子はアヴィちゃんかな。キッドの弟です。おとなしいので
皆に乗られまくってたのに、全然怒らないの

そして同胎のラスラ君・・・と思ったら、写真が登録出来な~い。
楽天のブログって、一日の写真登録量が決まってるんですよね。
もうちょっと増やしてよ、ぷんぷん。

というわけで、続きはまた明日。


良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

長野でお遊び
2010年11月16日 (火) | 編集 |

かなり前に、きいちゃんの弟わんこハウたんちのYさんからお誘いをいただいていたので
土曜日から長野に行ってきました。

せっかく行くのなら、だらだら日を設けてしまえ、と言うので二泊してきました。
お泊まりしたのは、Yさんの定宿、「陽だまり」さんです。

天気も良くて、遊び呆けるにはちょうど良い。

横浜から、普通の運転で4時間半くらいでしたかね。(休憩をはさんで、かなり
だらだらしながらで)

だんだん山の中に入っていくと、アラ?動物園で見た事がある動物がいるじゃないですか。
です。
それも、結構あちこちにいる。

いつだったか、狂暴猿の話がニュースで話題になっていたので、お宿に着いた時
ママさんに聞きました。
「あの猿達、襲ってきますか?

お馬鹿な質問ですね。
野性の猿は、大抵逃げて行くので心配ないとのことでした。

その他にも、山の中に散歩に行く時は、に遭遇するかもしれないので、
「持っていった方が良いですよ」、と鈴ももらいました。

う~ん、ワイルドで良いですね。

でも結局、飼い主がぐうたらしていたので、きいちゃんはお山には入りませんでしたが・・・

さて、到着した日は皆さんより一日早かったので、まずは一人で広~いドッグランで
遊びました。

陽だまりのドッグラン
広いでしょ。向こうの山に熊がいるらしい

陽だまりのドッグランにて2
ひとりでウロウロ。何故かペットボトルをくわえている

陽だまりのドッグランで
あほ面だよ

我々と同じく前泊の、アヴィちゃん一家が来るまで、知っているわんこはいないので
お店の看板わんこにも遊んでもらいました。

陽だまりの看板犬
グレピの女子です。
ひめちゃんが遊んでくれました。遊んでくれたというより、適当にあしらってくれた
と言うべきか…

そして久しぶりに思いっきり走って、疲れてしまったきいちゃん。
夕食まで居眠りです。

陽だまりのお部屋にて

お腹が空いているのでご飯の催促をしながらも、疲れて寝てしまったきいちゃん
陽だまりのお部屋にて2
お子ちゃまやね~

でも夕食の時はたかりますよ、もちろん
おたかり

この時、弟のアヴィちゃんは一緒でした。
おたかりなどしないアヴィちゃん、きいちゃんがたかっているのが気になって
仕方がない様子でした。
ごめんね、教育上悪いお兄さんで。

さて、翌日皆さん集合です。
次回にまとめますね~


良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

お出かけします
2010年11月12日 (金) | 編集 |

明日から2泊3日でお出かけします。

なので、しばし音信不通になります。

コメントやメッセージのお返事など、「おせ~じゃないか!」と思われるといけないので
お知らせしていきま~す。

親戚わんこ達と会う予定ですので、また帰ってきたら報告しますね~

おっぴろげで日向ぼっこ 

良かったら、留守中ぽちぽちお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

人間の弱点を知りつくした男 
2010年11月10日 (水) | 編集 |

ラブって、好奇心が旺盛で頭が良くて、いつも何かを観察して考えていますよね。

それが良い方に向けば、人間のお手伝いをしてくれる子になりますが、悪い方に
働くと・・・

ラブ爺になります

今日は最近出番が少ないとお怒りの、ラブ爺こぼれ話を。

ラブは遊ぶのが大好き、と言う事は前の記事で書きましたが、その遊び方は
個体差があります。
きいちゃんのように、ママと遊びたがる小さな子供みたいなタイプもあれば
自分で勝手に楽しみを見つける子もいます。

爺様は後者でした。
それも、よからぬ楽しみを見つける天才でした。

好きだったのは、コテンパンに叱られる寸前のものを、寸前のタイミングで盗む
と言ったスリルに満ちた遊びです。

例えば、雑巾・布きんの類を取る。
こんなものは、たとえ破壊したとしてもさほど経済的に打撃はありませんから
コテンパンに叱られる事はありません。

靴下なんぞもそうですね。
だから、高級ランジェリーなんかには絶対手を出さない。
本気で叱られるのを知っているからです。

そしてそれをいつ盗むか、と言うと人間が「まあそれは仕方ないよな」とちょっと
引っこんでしまうタイミングで盗むのです。

ある日の事。
知人がラーメンを食べていました。
そしてその目の前には、台布きんが置いてありました。

爺様はラーメンにはそれほど興味はありません。それよりも、いつその布きんを
盗もうか、それをずっと考えていてタイミングをさぐっていました。

知人も、爺様が布きんが好きなのは知っていますから、一応用心はしていたんですね。
なので、爺様にしてみればスキがない
でも、難しければ難しいほど、爺様は執着するタイプでした。

やがてその時はやってきました。
知人が、ラーメンどんぶりを両手で持って、スープを飲み始めたのです。

今だ!
と多分爺様は思ったのでしょうね。
両手がふさがっている知人の目の前で、体をぬ~っと伸ばし、悠々と布きんをくわえて
逃げて行きました。

人間、二つの動作を行っている時って、とっさに動作を切り替えられないんですね。
どんぶりを両手で持つ、そして飲む、と言う二つの動作をしていた知人は、とっさに
片手を離す事も、どんぶりをテーブルに置く事も出来ませんでした。

現行犯なのに、あまり叱れない。
叱っても良いんだけど、いかにも、わかっていて呑気にラーメンスープを飲んでいた方が悪い、と言わんばかりのタイミングでは、あまりきつく叱れません。

この、「やっぱりやられたか・・・」という、人間に若干の後悔を残すタイミングを
見計らうのがとても上手だった爺様。

そして、こんなに頭が良くて観察力もあったのに、「わし、一人でおられへんのや
が口癖だった爺様。

この観察力で、良~く私を観察して、ストーカーをしていたんでしょうね。

本当に、爺様って愛すべきヤツでした。

若き爺様
結構イケメンでしょ?きいちゃんとは違うタイプだけど

 

良かったら・・・ 
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

ラブらしさって?
2010年11月07日 (日) | 編集 |

「すいぶんラブらしくなったねえ」

最近、きいちゃんが良く言われる言葉です。

じゃあラブらしいって、どんなん?

というわけで、まとめてみました。

1、食う・寝る・遊ぶが仕事
2、陽気で明るい 天真爛漫
3、永遠のお子ちゃま
4、おしゃべり
5、ストーカー

ざっとこんなところでしょうか。

来たばかりの頃のきいちゃんは、「食う」以外は該当しませんでした。
でも徐々にしゃべるようになり、笑顔が出て明るくなってきました。

そして、最近は「遊ぼ遊ぼ」とつきまとい、なかなかうるさくなってきました。
振り向けばこちらを見ていて、露骨にストーカーをしています。

でも、この「うるささ」がないと、ラブっぽくないと私は思うのであります。

爺様なんて、24時間つきまとってしゃべって、そりゃあうるさかったですもん。

で、そのきいちゃんの遊びですが、このところ天気も良いので、室内運動会
やめにして、庭遊びをするようにしています。
トイレも兼ねて、ちょこっとボール遊びをしたり、追いかけっこをしたり。

すると、遊ぶのが楽しくなってきたんでしょうね。
2,3日前、夕飯の後庭に出たがるので、「押し出し式でトイレかな?」と思い
出してやったら、きいちゃん、とうちゃんのサンダルをくわえて逃げるじゃないですか。

なんとラブらしいのでしょう。

でもご飯を食べて、すぐ運動するとよろしくないので、
「ご飯の後は遊ばないんだよ。後で遊ぼうね」
と言ってサンダルを回収しましたが、ちょっと不満そうでした。

きいちゃんの頭の中は、だんだん「食べる」と「遊ぶ」でいっぱいになってきたようです。
ラブはそれで良いと思います。

お庭遊びで楽しそうなきいちゃんの写真をどうぞ。

お庭で遊ぶ1
ね、でぶじゃないでしょ?

お庭で遊ぶ2

お庭で遊ぶ3

お庭で遊ぶ4

可愛くなりました。


良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

育ち盛りは過ぎたはずなのに…?
2010年11月05日 (金) | 編集 |

先日カイロに行った時、(わんこのですよ、もちろん)レオンママがきいちゃんを
しげしげと見て何か言いたそうにしていたので、
「また育った?」
と聞くと、
「うん」

きいちゃん、誰に会っても
大きくなったね
と言われます。

夏の間に、ちょっと肥えたのは認めます。
でも涼しくなってきてから、せっせと歩いてだいぶしまったと思ったのに。

私は毎日見ているのでわかりませんが、そんなにきいちゃんって大きいかなあ。

と思って、かあちゃんがバカチョンカメラで撮った写真を見たら・・・
確かに大きい。

お膝にに乗るの
とうちゃんの膝に無理やり乗ってるきいちゃんです。

手前にいるせいもあるし、とうちゃんは決して大きい方ではないのですが
それにしても膝に乗るにはでかすぎないか?

お膝に乗るの2
なんか、グレートでんでんみたいじゃないですか。

膝乗りは、最近のきいちゃんのブームらしいんですが、「重い、暑い」と言いながら
とうちゃん、まんざらでもなさそうです。

まあ、今更とうちゃんの膝に乗ってくれるのは、きいちゃんしかいませんからね。

でもこの写真だけ見ると、確かにきいちゃんは普通のラブの範疇から
はみ出ています。

土佐ラブに仲間入りなんでしょうか。

怪獣顔
こんな顔もします


良かったら・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

わんこはまっすぐだけど
2010年11月04日 (木) | 編集 |

最近ちょっと気になった事があります。

最近と言うか、数か月前からちらほらあったんですけどね。

どうでも良いので放っておきましたが、皆さんのところはどうなのかなあと思ったので
ネタにしてみました。

mixiをしている人はご存じでしょうが、ネット上でお友達になるために、マイミクリクエスト
と言うメッセージを送ります。
そのメッセージが相手の人に承諾されると、マイミクになれるというシステムですね。

これは、誰でも彼でもが無制限に行き来しないためなんでしょうけど、抜け道は
いくらでもあります。

なにしろ、たくさんの人がやっているわけですから、中には「へぇぇぇぇ~」な人も
いるわけです。

たまにやって来て、「なんじゃ?こいつ」と思わせるのが、
「マイミクになってください」とメッセージを寄こしながら、その後ご丁寧に足あとを
消しているヤツです。

それも、わんこ好き、そしてラブ爺に並々ならぬこだわりがある私が、気に留めそうな
HNで来たり、その手の話しを持ちかけてきます。

基本、私は来る者拒まずの主義なので、よほどおかしくない限り、「どうぞ」と言います。

そして返信すると、名前を消してある。

まあ、mixiだけじゃないんですが。

だいたい、どの筋の人間がやっているか見当はつきますが、非常にくだらない。

人を不愉快にして、「してやったり」と一人楽しんでいるつもりのかもしれませんが
その性根の曲がり具合は、蚊取り線香並みです。

そして、ヒマなことこの上ない。

どうでも良いんですけどネ。
ただ、時間の無駄だと思うんで、そんなことしている暇があったら、もっと有意義な事を
見つけたら、と言いたいです。

ちなみに、私を不愉快にしていつるつもりだとしたら、効果はありません。

こちらは忙しくて、そんなお馬鹿に付き合っている暇はありませんから、何の関心も
ないですもん。
ただ、馬鹿だなあと思うだけで。

わんこは、人間のせいで心が歪む事はありますが、何もなければまっすぐです。
でも人間は、自らコントロールする自由があるのに、わざわざひん曲がっていく。

こういう、根性のひん曲がった人間って、どうしようもないんだなあと思います。

くだらない事で自分の人生を無駄にしている事に、一生気がつかないんでしょう。

たぶん若い人達(少なくとも私よりは)なんでしょうけど、若い貴重な時間って
二度と戻ってこないのにね。

催促?
わんこの目はいつもまっすぐ。
たとえその先が、おやつであったとしても・・・


良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

チョイ悪が進化すると…
2010年11月02日 (火) | 編集 |

・・・ワルになるか。

答え:なりません。
でもわがままにはなるようです。

最近のきいちゃんは、だいぶラブらしくなってきました。
小さな悪ぅも、ちょこちょこ出来るようになってきました。

スリッパなんぞも、たまにくわえたりします。
留守中の、敷物ぐしゃぐしゃは定番になりつつあります。

でもそれ以上の、悪さ進展は見られません。

ただ、自己主張の「ぶうぶう」は大きくなってきました。

2.3日前の事です。
おつまみのアーモンドを食べていた私のところに、きいちゃんがやってきました。
でも、その前にターミ兄から何かをもらっていたので、
「そんなに食べなくて良いよ」
と、ひとつぶもあげませんでした。

するときいちゃん、ものすごく不満そうな顔でこちらを見ていたかと思うと、
んぶぅぅぅぅぅ!

それはちょうど、小さな子がじれったそうに
「んねえええええ!」とか「んもぉぉぉ!」
と半キレ状態でブーたれるのとソックリ。

それでも、
「だってきいちゃん食べ過ぎだよ。それに散歩はまだだからね」
と私が言うと、その「散歩はまだ」にさらにキレたようにで、きいちゃん、スクっと
立ち上がると
きぃぃぃぃぃ~
と言わんばかりの勢いで、ドドドドド~と階下に走り降りて行ってしまいました。

おやおや、怒ってるよ・・・
だんまりだったきいちゃんの自己主張とキレぶりに、おかしくなってしまいましたわ。

最近のきいちゃんは、おたかりの最中にもぶうぶう言います。
そして、それ以外にも食事時になると家族全員のところに順番にまわって、
「食べましょうよ、ねえ、早く食べましょうよ」
と鼻でツンツンつっついて、なかなかうるさい。

ご飯が済むと、散歩の催促もします。
玄関に寝そべって、ぶうぶう言っている事もあります。

でもキレるだけでなく、外出から帰宅した時の歓迎ぶりも、なかなかラブらしくなって
きましたよ。

最初の頃はそばにも来ないし、帰ってきても無感動だったのに。

ラブはやっぱり、感情表現が豊かなのが魅力の一つです。
だんまりなんて、本来のラブじゃない。

だから私は、きいちゃんのチョイ悪ぶりや、わがままは良い事だと思っています。

やっと思う事が言えるようになってきたんだね。

お尻
お尻も態度も大きくなってきた、きいちゃん(犬のお尻って、何で可愛いんだろう)

何でしか

丸まるの
最近、ちょっと強気だよね

日向ぼっこ
でも可愛いから許す


良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。