要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おたかりの館
2010年01月31日 (日) | 編集 |

先週水曜日に、doglabさんいちごん&ミカンちゃんママが上京するので
それでは是非お会いしましょう、とyukoさんちにお邪魔しました。

yukoさんちは、きいちゃんにとっては「おたかりの館」です。
なんてったって、食べ放題・おたかりし放題で誰にも文句を言われないんですから、
お家に入ったとたん、わくわく嬉しそうです。

まずは、ブラッキー君にご挨拶をしてぶーちゃんと

それから勝手におもちゃを引っ張り出して
doglabさんと
わざわざdoglabさんの膝の上でガジガジしてます

それからおたかりのしまくりで
いちごん&みかんママにおたかり
イチゴ&ミカンママにおたかり(だからテーブルの上にイチゴとミカンがあるわけではない)

きいちゃん的には大満足だったようです。

ワタクシの写真は面白いのがあんまりないのですが、yukoさん・doglabさん
ちゃんとしたカメラでたくさん撮ってくださったので、良かったら見てくださいね~
(yukoさんには動画まで撮ってもらっちゃった)

ブラッキー君は、今度の3月に16歳になりますが、とっても元気そうでした。
きいちゃんにおやつを取られまいとして、猛烈な早さで食べたり、文句があると
パオパオ言ったり。
もう歩くのはかったるいけど、特に悪いところもなく、静かに年を重ねている
ブラッキー君は、幸せそうでした。

ブラッキー君のやわらかい黒毛や、ゴマ塩のお顔、それに時々ピクピクするあんよを
見ていると、爺様を思い出します。
ちょっとお口が老犬臭だったりするんだけど、それもまた味があるのよね。(人間の
口臭はいけませんが)
若い子のぴちぴちした可愛らしさとはまた違って、やっぱりシニアわんこには
「いとおしい」って言葉がピッタリかな。

ぶーちゃん、パパに抱っこ
おむちゅだけど、元気です

おたかり放題で、夕食までちゃっかり御馳走になったきいちゃん、ウチに帰ると
食べ疲れて爆睡でした。
そして翌日、もりもりとうんpをしましたとさ。

でもきいちゃんには、幸せな一日でした。

yukoさん、毎度ありがとうございます。
そしてdoglabさん、アニコミュの整理が出来たら聞かせてくださいね~
興味があります。
イチゴ&ミカンちゃんママも、笑える動画をありがとう。
私的には、お風呂上りにでんぐり返しをしていたミカンちゃん(?)の動画が
メチャ笑えました。(あれは皆さんにもお見せしたいなあ)

わんこ仲間さんには、いつもいつもお世話になります。

   

 

 

スポンサーサイト
う~の理由
2010年01月25日 (月) | 編集 |

去年帰国してからず~っとバイト探しをしていたにも関わらず、不況のせいでなかなか
勤め先が見つからなかったいぬたま君
やっとバイト先が見つかって、先週あたりから働き始めました。

勤務時間は、夕方から夜の11時くらいまで。
休みなしの立ちっぱなしで、慣れない仕事に疲れたいぬたま君、午前中起きられません。

仕方がないので、午前中のきいちゃんの散歩は、また私の仕事になりました。

さらに、夕方も出かけるので散歩に行かれず。
きいちゃんにしてみれば、今までべったりくっついていたいぬたま君が、急に疎遠
なった感じだったのかもしれません。

ある日、「う~」が出ました。
私は知らなかったのですが、まずとうちゃんに。
それから、居候をしているいぬたま君の兄貴に。

パクこそありませんでしたが、そう言えば何だか目が泳いで、様子が変です。

いぬたま君曰く、
「どうしてかな、こいつ、よそよそしいんだけど」

きいちゃんが、
「ボクの事なんか、忘れちゃったのでし。どうでも良いのでし。人間はいつも自分勝手
裏切るんでし」
と思ったかどうかはわかりませんが、きっと言いたい事があったのでしょう。

人間のスケジュールの変化が、この子に不安を与えているかもしれないと思った私は
「きいちゃんのスケジュールは変わらないでしょ。にいにいはお仕事なんだよ」
と何度も言い聞かせました。

いぬたま君も、休みの日は頑張って早めに起きて、また散歩に行くように努力しました。

すると、きいちゃんの表情が安定してきたのです。

きいちゃんにしてみれば、
「何かが変でし。ボク、またどうにかなっちゃうのかもしれないでし。
捨てられちゃうでし!」
と不安だったのでしょうね。

人間にとっては小さな変化でも、わんこにははかりしれない不安材料になるかも
しれない。
心細さや恐怖といったマイナスの感情を知っている子は、特に強く感じるのだと
思います。

爺様のように、
「へ~それがどうしたどうした
と強い子は、心が乱れる事もないのでしょうが、きいちゃんのようなヘタレわんこは
やはり弱い部分があります。

良く言えば繊細なのですが、悪く言えば打たれ弱い。

でもこういう子は、わかり合えればとても良い子です。
「知ってるもんね~でもやだペンペン
なんてことは言いません。
素直に言う事を聞いてくれます。

どちらのタイプも、私にとってはOKだし可愛いんですけど、きいちゃんにはたくさんの
愛情を示す必要があります。

爺様はその点楽でした。だって、
「わしは、世界で一番愛されているに決まっているんじゃ
と信じて疑いもなかったのですから。

もちろんその通りだったので、そう思ってもらって構わなかったんですけど。

でも、もし私が裏切れば、爺様もいち早くそれを感じていたに違いありません。

わんこって、人間よりも繊細で感じやすいんですね。
それを裏切るのは、人間を裏切るよりも、ある意味罪深いかもしれません。
(だから犬を捨てるなんて輩は、地獄に堕ちろと言いたい)

寛ぐ~
安心してる?

 

 

きいちゃんのおたかり
2010年01月19日 (火) | 編集 |

人間の食卓にわんこをはべらせるのはいかん、と言う事は重々承知しています。
でも、我が家では一定のルールのもと、おたかりを許しています。
それは、来たばかりの頃のきいちゃんが、あまりにも食べ物に執着していたから・・・
本能的に満たされないところを、厳しくするのは良くないと思ったのです。

我が家のルールは、人間が食べ終わるまでフセマテすることです。
途中では、原則あげません。(でもたまにあげる人がいるんですけどね)
食べ終わった人からほんの少し、食べられそうなものをもらいます。

で、その食べられそうなものなんですが、何でも食べるきいちゃんにも、一応
こだわりがあるようです。
そのきいちゃんのこだわりを、ちょっとご紹介しましょう。

その1、生みそを舐めるのが好き。生の豆腐が好き。でも豆腐の味噌汁はイマイチ
    好きではないらしい。(なんで?)

その2、カレーは嫌い。皆がカレーを食べていると(インドカレー・タイカレーも同様)
    隣の部屋で寝て待っている。そして、食べ終わりそうになる頃にちゃんと
    やってきて「カレーはいらないので、他のモノをくだしゃいでし」と催促する。

その3、一度ももらった事がないのに、発酵のにおいが好きなのか、キムチをもらおうと
    毎度毎度やってくる。(もちろんあげません)

その4、人間が紅茶を用意していると、自動的に牛乳がもらえると思っている。
    でも他のお茶を飲んでいる時は、見向きもしない。

その5、「ごはん」「お茶の時間」という言葉が好き。朝ご飯を食べないと、
     「食べましょうなのでし」と呼びに来る。(自分がおたかりをするため)

その6、いぬたま君はケチなので(というか、本来は彼が正しいのだけど)、彼だけが
     食べている時は寝て待っている。

その7、私の納豆ご飯を一口もらうのが習慣。何故かあと一口になるとわかるらしく
    フセから勝手に立ちあがって待っている。(なぜわかる?)

食卓のおたかりもですが、私が料理をしているときにも、おたかりをします。

でも昼食など、日向ぼっこの時間とダブっている時には、きいちゃんは忙しいです。
私が用意する食材が変わるたびに、トコトコやってきて確認します。そして、玉ねぎや
生のジャガイモを切っている時など、
「これは食べられないんだよ。あげた事ないでしょ?」
と言うと、また日向ぼっこに戻っていきます。
でも、ニンジンやキャベツなど、もらえるものに切り替わるとまたやってきます。
そして切れっぱしをもらうと、また日向ぼっこに戻るのです。

きいちゃんは、かなり頭が良いです。
食べ物の話とは違うのですが、例えば散歩に行ってうんpをしたとき。
我が家では、きいちゃんのうんpは車庫の傍のゴミ箱にまとめて、あとで処分します。
きいちゃんはそれを知っているので、うんpをしたときは門を素通りして車庫に行きます。
それから戻ってきて、玄関に入ります。

そんな事は別に教えていないのですが、日々の散歩の際に学習するのでしょうね。

こんな風に、観察力の細かい思考力のあるきいちゃんですから(親馬鹿?)少々の
おたかりは許しても構わないと思っています。
だって、あまり融通のきかない生活は、わんこも人間も楽しくないですもん。

あっかんべ~
こう見えても、ボクは賢いのでし

 

しつけって?
2010年01月14日 (木) | 編集 |

人間もそうですが、悪い習慣をやめさせる・必要な事を教える、というのは
なかなか難しいものがあります。
怒鳴ったり叱ってばかりいても、学習しない。だからといって、優しくばかりしていても
つけあがったりしてしまう。
言葉が通じる人間でさえ簡単ではないのですから、わんこではなおさらです。 

きいちゃんにも悪い癖がいくつかありますから、(う~パクとか)どうやってこの子を
良い子にしようか、という課題は常に私の頭の中にあります。
しかし、どんぴしゃの答えがすんなり出てくるとは限りません。 
ただ、強制訓練の類は絶対にきいちゃんには向かない、という事だけは
確信はしています。

先日こんなことがありました。
あるトレーナーの資格を持つ人(男性)に、きいちゃんがポンと飛びついたのです。
すると、その方はいきなりきいちゃんの前足の先をきゅっと強く握りました。

ご存じの方も多いと思いますが、これは一昔前に「飛びつき癖を直すのに有効」と
されていた方法です。
理屈としては、飛びつく→前足が痛い→だから飛びつかなくなる、という図式です。
嫌な事が起きるからやらなくなる、という考え方ですね。

強制訓練とは違って天罰方式に近いと思いますが、痛みを伴うしつけのやり方です。

ではこの方法で、飛びつきをやめさせることは出来るのでしょうか。
きいちゃんに限っては、NOでした。
前足を握られたきいちゃんは、うつむいて、その方の傍にいかなくなりました。
「この人、痛い事するから嫌でし
となってしまったのです。

きいちゃんのようなヘタレの子には、痛い・嫌だ、といった感情を伴う訓練やしつけは
向かないと思っていたので、「ああやっぱり」と再確認してしまいました。
自信を持っていたその方には悪いのだけど、やって欲しくなかったやり方だったのです。

そもそも、きいちゃんは何故飛びつくのか。
この子の場合は、おねだりや言いたい事があるときに飛びつきます。
ねえねえ、あれしてなのでし」
「鳥さんが捕れなかったのでし!」
などなど。

この時、きいちゃんはその男性に、言いたい事がありました。
奥の部屋にいる子と遊びたい、だからボクはあっちに行きたい、あの子を連れてきて。
そんな感じだったのです。
そして、きいちゃんは親しみを込めて、
「ねえねえ」と、馴れ馴れしくその方の胸に手をかけました。
それだけの事なのに、前足をぎゅっと握られたきいちゃんには、その理由がまったく
理解出来なかったに違いありません。
「どうしてお願いしただけなのに、この人は痛い事をするの?」
と。

では、きいちゃんの飛びつきをやめさせるにはどうしたら良いのか。
以前お世話になったTタッチのSさんは、あえて「ジャンプ」を教えて、コマンド以外の
ジャンプに対してNOを教えたら、とおっしゃいました。

それも一つの方法だと思います。

ただ、ものぐさな私は、コマンドを教えるのが面倒だったので、ひたすら説得を
試みました。

きいちゃんが飛びつく前には、大抵その兆候があります。
言いたい事がある→そろそろ「ねえねえ」が出る、といった具合です。

そこで私は、その「ねえねえ」が出るころに
「なあに?」
と聞く事にしました。
「ねえぇ~ねえったらあああ
まで言わせないようにするのです。

「これをしたいの」と言っても、
「それは今しちゃダメなんだよ」
と静かにお話をするようにしてみました。

すると、完璧ではありませんが、無用な飛びつきはかなりなくなりました。

もちろん、思わず出てしまうこともあります。
公園で、鳩や小鳥の集団に飛びかかっても一羽も捕れなかった時など、
「うきぃ~~~~~捕れなかったのでしぃぃぃ」
とプッツンして飛びかかる事はあります。
子供が地団駄踏んでいるようなものですね。
これは、他の簡単なコマンド(オスワリなど)をさせて、出来たらオヤツをちょっぴりやって
落ち着かせる、などの方法で大抵静まります。
叱ったり怒鳴ったり、はたまた痛い思いをさせるのは、あまり意味がないと思います。

外で家族に出くわすと興奮して飛びつくのもまだ直りませんが、これももう少し
落ち着きが出てくるようになると、徐々に直ってくるのではないかと考えています。

「きいちゃん、そういうのはよそうね」
と語りかけて教える事が、きいちゃんには一番効果があるのではないか。
何故なら、「人間が嫌な事」を理解する能力が、きいちゃんにはあるように
思えるからです。

心の通わないしつけの仕方は、人間でもわんこでもあまり効果がないような気がします。
「犬なんかどうせわからないのだから、痛い目にあわせて教えれば良い」
と言うのは、人間の驕りではないでしょうか。

即効性がなくても、私はきいちゃんと会話をしていきたい。
良い事をしたら褒める。悪い事をしたら、しないように教える。
そして、常に愛している事を伝える。

私流のしつけです。

年末年始のきいちゃん 011.jpg

鼻曲がり~

お世話出来る幸せ
2010年01月09日 (土) | 編集 |

暮れからお正月にかけて、バタバタしていました。
で、その話をだらだらしようかなあ・・・と思っていたのですが、昨日とても悲しい
お知らせが届いてしまいました。

DOGLABさんちの、るぅるぅちゃんが交通事故で亡くなったというのです。

その記事を読んだ時、何かの冗談か見間違いかと思いました。
だってほんの2,3日前に、元気なるぅるぅちゃんの写真を見たばかりだったのですから。

るぅるぅちゃんは、あのナヴィっちの姪っ子であり、ジャッキーの孫であり、そして
かの有名なルビー婆の遠縁でもありました。

だからDOGLABさんにとって、特別な思い入れとこだわりがあって、縁あって
やってきたのです。

とっても可愛くて活発で、やっとラブらしくなってきたばかりだったるぅるぅちゃん。
関西方面に行く機会があったら、ぜひきいちゃんと遊んで欲しいと思っていました。
そして、彼女の成長を楽しみにしていました。

それなのに、その成長はもう見られないのです。

こんな悲しい事があるのでしょうか。

シニアの子が亡くなっても、もちろん悲しいです。でもるぅるぅちゃんのように、まだ
大人にさえなっていない子が亡くなるのは、悲しいというより納得できません。

どうしてるぅるぅちゃんでなければいけなかったのでしょうか。
神様がいるのなら、襟首をつかんで問いただしたい気持ちでいっぱいです。

お世話をする対象が、ある日突然いなくなってしまう悲しみ。
DOGLABさんの気持ちを考えると、やりきれない気持ちでいっぱいになります。

つくづく思いました。
ラブ爺のように手のかかる子であっても、きいちゃんのように問題があったとしても
お世話が出来るって何と幸せなことなのでしょう。

うんPやちーのお世話。具合が悪くなった時のお世話。忙しい時のお世話。
雨の日も風の日も、わんこのお世話に休みはありません。
時にそれは面倒だったりもしますが、そんな事を言ってはいけない。
そんな事を言う奴に、わんこを飼う資格はない。
だって、いなくなってしまったらそれらは全て出来ない事なのだから。

きいちゃんの頭をなでなでしながら思いました。
う~でもパクでも、ぶうぶうでも、いてくれてありがとね。

るぅるぅちゃんのご冥福を、心からお祈りします。

だっこ 001.jpg
抱っこ出来る幸せ

 

 

 

 

謹賀新年
2010年01月03日 (日) | 編集 |

あけましておめでとうございます。

と言っても、我が家はな~んもおめでたい事もなく・・・
唯一ありがたいのは、きいちゃんが元気な事です。

あんまりありがたくないので、年賀状もサボリ、メール年賀状すらだらだらと遅れ・・・
きちんと年賀状をくださった方々、ズボラですみません&ありがとうございます。

きいちゃん地方、天気だけは上々で、いぬたまくんの部屋からはこんなふうに
富士山が見えました。

年末年始のきいちゃん 013.jpg

こんなに天気が良いのだから、飲んだくれてだらだらしている場合じゃないのですが
やる気(何を?)が起きません。

きいちゃんは、正月に関係なく、日々お気楽です。
寛ぎとお遊びの毎日です。

年末年始のきいちゃん 007.jpg
何か食べている夢をみているらしい…

何時如何なるときにも、わんこは平和で良いですな。

全てのわんこが平和でありますように。
そして、わんこを愛する心優しき人たちにも、穏やかな1年でありますように。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。