要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いぬたま君、帰国
2009年10月26日 (月) | 編集 |

もう1週間ほど経ってしまったのだけど・・・(例によって、私の怠慢です)
ワーホリでカナダに行っていたいぬたま君が、先週月曜日に日本に帰ってきました。
友人・家族一人一人にお土産を持って、英語もかなり流暢になって…

初めて会った時の彼は、まだ高校生。
勉強も好きではなく、将来の夢も希望も目標もこれといってなく、人懐こく明るい性格では
あったけれど、どちらかというと夜更かし大好きの、今風のちょっとぐうたら少年でした。

その彼に、私は「ワーキングホリデーという制度があるよ」
と薦めてみました。
海外に行って、母国語ではない言語で生活するという経験が、若い彼にとって
いろいろな意味でとてもプラスになると思ったからです。

その読みは良い意味で当たってくれては、最初のニュージーランドでのワーホリから
帰国した後彼はぐっと大人になっていました。

そして今回二度目の海外滞在。通算2年の海外生活を送った彼は、またさらに成長して
戻ってきました。
もともと人懐つこくフレンドリーな性格に、細かい気配りが加わったのです。

帰国して割とすぐに、とうちゃんのご飯茶碗を割ってしまった時のこと。
夕飯の支度をしていた私が、食器棚を開けっ放していたのがいけなかったのですが
彼は翌日、すかさず別の茶碗を買ってきました。それも2つも。
スペアの茶碗がなかったわけではないし、誰かが頼んだわけではないのに。

こういうさりげない気遣いが出来るのは、とても良いことです。
ちなみに、ターミ兄にこういった気配りは絶対出来ません。

そして、普段の生活の中でも、大きな体の割にはこまめに動きます。
ニュージーから帰国した時は、まだのんびりクセは残っていて、休みの日は
昼まで寝ているとか、一歩も外へ出ないでだらだら過ごすなんてこともあったのですが、
今回は翌日からきっちり起きて朝食をとり、きいちゃんの散歩にもせっせと行き(これは私的にはかなり助かる)、頼めば風呂掃除も(ついでに時間がくると沸かしてくれる)、棚の片づけ、掃除機かけ、何でもやってくれます。

何しろマメです。

そして「おぬし、なかなかやるじゃん」と思ったのは、コミュニケーションの取り方が
非常にうまくなっていたことです。
会話のキャッチボールが、とても上手なのです。もともと気さくではありましたが、
最近ではそこに気配りが加わり、相手のつまらないボールもうまくかわしたり、雰囲気を
見て軽いジョークを混ぜたり、とにかくトゲトゲした状態に持ち込まない。

ここはターミ兄に大いに見習ってほしいところです。

何度も書いていますが、ターミ兄はもともと口が悪いです。それもかなり、知らない人が
聞いたら眉をひそめるくらい。
どうしてこんなに口が悪いのかというと、それは育った家庭環境のせいもあるのかも
しれませんが、どうもそれだけじゃないな、と最近気がつきました。

いぬたま君とターミ兄の一番の違いは、他人をある程度受け入れるか、それともまず
拒否するかではないか。
いぬたま君が身近にいると、どうもそんな気がしてならないのです。

例えば、一方通行を逆走してきた車がいるとします。
ターミ兄だったら、有無を言わさず怒鳴りつけるか、ぶつけて止めるタイプです。
理由など聞きません。
なぜなら他人を受け入れる体制にはないので、自分の意にそぐわないことはとにかく
許せないのです。
でもいぬたま君だったら、まず大声で注意を促すと思います。
だって、相手は本当に知らなくて間違えたのかもしれないし、認知症の人かもしれないし。

他人を受け入れないと、他人も自分を受け入れてくれなくなる。
本能的なのかどうか、いぬたま君はそういうことを知っているのだと思います。

だから言うべきことは言うけれど、それはTPOを考えてから言う。そして伝えるのであれば
相手によって言葉ややり方を選ぶ。
簡単なようですが、それが出来ない大人はたくさんいます。
自分も気をつけなくてはいけませんね。

ターミ兄も、これが出来たら結構、人生も言葉づかいも変わると思うんですけどねえ・・・

まあそれはさておき。
そんなわけでいぬたま君が帰ってきたので、今度何かわんこイベントがある時には
参加するかもしれません。
その時には、どうぞ皆様よろしゅうお願いします。

こちらもよろしくです。

こちらも~

 

注:貼り方が間違っているので、これらをクリックしても飛べません。すみませんです。

あ、それから写真も、まだ整理出来ていません。(というか永久に出来ないかも)
きいちゃんは元気です~

 

 

スポンサーサイト
きいちゃんの微々たる進歩
2009年10月16日 (金) | 編集 |

最近パソコンの調子がイマイチで(カーソルが飛ぶ)、なんとかしろよと思いつつ
だれこいているワタクシです。
写真も取り込めないままだし・・・(ターミ兄に聞けばいいんでしょうけど、面倒だしなんだかシャク)

もう一つの言いわけとして、ワタクシ、が弱いんですわ。
いえ、視力とかの問題ではなく、ものすごく疲れやすいのです。
なので、連続スクリーンを見つめるのは2時間くらいが限界。
mixiのアプリも、何度かマイミクさんにお誘いをいただいているのですが、参加出来ず…
まあやり方もイマイチ把握出来ていないので、見てるだけ~なんですが。

これを何とかしようと思ってあれこれ検索しているのですが、どうも自分には
アーユルヴェーダのような自然療法があっているのではないかと思い、インドの目薬
なんかを取り寄せてみました。
これがまた、すごくが出る強烈なもの。
でも自前の涙をだらだら流すと、ゴミがたくさんとれるのです。(マスカラのカスとか
逆さまつ毛の残骸とか)
そんなに私の目は汚れていたのか??とちょっとびっくり。
目の疲れが急にとれるわけではありませんが、案外良いかも・・・と思っています。

ホントは、ネトラバスティ(目にオイルをそそぐヤツ)をやってみたいんですけど、
横浜ではやってくれるところが見つかりません。
怪しいところに行くと、眼炎になりそうで怖いし。
どなたか、そんな情報に詳しかったら教えてくださいね。

で、きいちゃんですが、元気です。
最近は、だいぶ自己主張出来るようになり、ぶうぶううるさくなりました。
表情も豊かになりましたよ。

それから、自信もついてきたようです。
スリッパを咥えるとか、良からぬ物を隙をついて盗む、なんてこともたまにするように
なってきました。
キッドの場合、これらはやっても良いことだと思っています。

先日、珍しくキッドが私の目の前で、すばやくガムテープをかすめとりました。
ええ、ヘタレキッドにしてはかなりすばやく。
それで寝室に逃げ込んだキッド。反対側の扉から逃げられると思ったのでしょう。
でも爺様で鍛えられたワタクシは、その程度では動じません。
出口のふすまを閉め、もう一つのドアからキッドを追い詰めました。
さあどうする?逃げ場はないぜ

と思ったら、ヘタレのキッド、目を三角にしてその場でぐるんぐるん回り、私の
ディフェンスをかいくぐろうと突進してくるではありませんか。

上出来や!通れるもんなら通ってみぃ!(何故か関西のノリ)
サッカーのゴールキーパーのようにキッドの前に立ちふさがるワタクシ。
爺様なら私を突き飛ばすか、ベッドを飛び越えて逃げるだろう。
さあ、どうするキッドよ。

しかしそこはヘタレのキッド。突っ込みが足らず、ワタクシにガムテープを取られて
しまいました。
しかもワタクシ、取ったガムテープをとっさにべっドの隅に投げたので、手元には
何も残っていません。

ふっふっふ。見たかね、キッドくん。
プロ(何の?)はこのようにして、一瞬のうちに状況を変えるのだよ。

わけがわからず、きょろきょろとガムテープを探すきいちゃん。
しろうとやの~

結局きいちゃんはその謎は解けず、引き下がったわけですが・・・
爺様なら迷わず禁断のベッドに飛び乗り、ブツを探してトンズラしただよ。
でもきいちゃんの場合、頭突きしてきた事が素晴らしいことなんだよね。

で、、またある日のこと。
その日は私が夕方遅くに帰宅したので、手抜きをしてお寿司の出前をとりました。
ワタクシにたかり、ターミ兄にたかり・・・
さてとうちゃんの所に行ったら、何にもナイ!

「ないんだよ」、と言われたときのきいちゃんの顔。
その顔を写真に撮っておけば良かったと思いました。

そんな、バカなぁぁぁぁぁ?!」
と言う顔をしたのです。
彼的には、4人分たかれる計算だったのですね。
ところが、魚を食べないかあちゃんは早々に食事を終了。ゆっくり食べている父ちゃんを
後回しにして我々の所に来たきいちゃん、次は当然とうちゃんや!と思っていたのに
何もなかったのです。

こんなに納得出来ない事はありません。
あまりにも納得できない様子でうろうろしていたので、数だけは揃えてやろうと思い
ワタクシが乾燥レバーチップスを、ターミ兄がバナナを一切れやりました。
すると、
「なんだか違うみたいだけど、4回食べたのでまあ良いのでし」
と引き下がって行きました。

朝食の後のアキレスや、ご褒美のおやつが小さい時も文句を言います。
アキレス置場(レンジ台の上の方に置いてある←盗まれないように)と人の顔を
何度も交互に見つめ、
「ここでし。ちょうだいなのでし。」
と訴えます。たぶん、本犬としては精一杯可愛い顔で訴えているのでしょう。
目がピラミッド型三角になって(悪さをする時の三角ではなく)キラキラしています。
でもワタクシはそれには負けませんが。

食べ物に関しては、マメなきいちゃんです。
昼近くになると、家族全員の所を回り、
お昼でし。ご飯食べましょうなのでし」

3時過ぎると、
お茶の時間なのでし。ミルク入りのお茶を飲みましょうなのでし。お茶菓子食べましょう
なのでし」

そして夕方、自分のご飯を食べてしばらくすると、
夕飯の時間なのでし。(オマエは先に食べたじゃないか)何か食べましょうなのでし」

と勧誘にやってきます。
人数が揃わないと、ものすごく不満そうな顔をします。
場合によってはぶうぶう文句を言います。

まあこのように、きいちゃんの毎日は食べる事を中心に回っています。

その代り、散歩の時間が短いのはそれほど文句は言いません。これも回数が
あっていれば、基本良いらしいです。
ただ、雨の日が続いてトイレ散歩のみで終わってしまうと、退屈そうに溜息なんか
ついていることもありますが。

ちょっとづつ、人間チックに成長しているきいちゃんです。
10年後には、妖怪ジジイになれるかな。

kid444
(前の写真です)

 

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。