要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本のこと、きいちゃんのこと、その他あれこれ
2009年04月27日 (月) | 編集 |

爺様本の二回目の校正が来ました。
イラストが組み込んであり、かなりそれっぽくなっています。
まだ若干訂正するところがありますが、だんだん本になってきて嬉しいです。

kid391

表紙のサンプルも出来上がって来ました。
二種類あるのですが、どちらもなかなか良さげです。
love393

まだサンプルなので、実物は若干違ったものになるかもしれません。
(ちなみに裏表紙は、ターミ兄がラブ爺号を押して、坂を上って来る写真です)

あとは私の文章だけですわ。
シコシコ更生に、いや校正に励んでいる毎日です。
ここに足を運んでくださっている方には、一般書店に並ぶよりも早めに
お送りしたいと考えています。(もちろんご希望の方だけですが)
出来上がった時にはまたお知らせしますので、メッセージをくださいね。

本の中身のほとんどは、ずっとブログを読んでくださった方々にとっては、
「ああ、あれね」
と言った感じになると思います。
介護に疲れ、時にプッツンしながら、決して完璧とは言えない介護をしている
私達の日常が綴られているだけです。
介護そのものを心から楽しんで、余裕で(おそらく)こなしていたワンコのかあさん
本文中にも書いた近所の優しいおばさんとは大違いです。

そんな内容で何を偉そうに…と言われてしまいそうですが、私にはどうしても
お伝えしたい事がありました。
それは、「介護の思い出を、楽しくいとおしいものにしよう」ということなのです。

命はいつか終りを迎えます。
そのあとに残った想い出が、辛くて悲しくて嫌なものだけだったら・・・
一所懸命に生きたわんこ達の、犬生が意味をなさなくなってしまう。
それは、犬達にとって不本意なのではないか、と思ったのです。

犬達が言いたかったメッセージ、それは「一所懸命に生きる」と言う事ではないでしょうか。
それが伝われば幸いです。
私のつたない文章では難しいかもしれませんが。

さて、今週のきいちゃんです。
また例によって例のごとく、レオン君達とお散歩に行きました。

kid393
ボール飲みの後遺症から立ち直りつつあるレオン君

kid392
11歳だけど、若けぇもんと一所懸命に遊ぶ小太朗君

kid396
キッドの大好きなくららちゃん

キッドの最近の好みは、気の強い女の子を怒らせて、いじめられることのようです。
こうして集まっても、きまってちょっかいを出すのは♀のくららちゃん。

そして、怒ったくららちゃんに、
きぃぃぃ!」と追いかけまわされるのが、キッドの狙いらしい。
背中の毛を逆立てて、ふたこぶラクダになりながら、へらへらと逃げ回っています。

kid395
「ねえねえ、怒った?」(キッド)
「ボク、踏まれてるよぉ」(レオン)

あまりにも馬鹿馬鹿しくて面倒くさくなると、くららちゃんはお立ち台に逃げて
「やってらんないわ」
と相手にしなくなるのですが。

最後に、まったく個人的な話です。
最近、ラテンダンスに凝っているワタクシ、7月のとあるパーティに図々しく
出演することにしました。
習い始めて、4か月ちょっと。
それでデモンストレーションは図々しくないかい?なんですが、バレエをやっている
おかげで、結構進むんですわ。
ジルバに始まり、マンボ・ルンバ・チャチャチャ、それからブルースにワルツ。
踊るって楽しい~

で、図々しく出ることに決めたのであります。
どんな振り付けをしていただけるかな。

今だから出来ることを、精一杯楽しもう。
爺様との生活で学んだことです。

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
きいちゃんのトレーニング
2009年04月16日 (木) | 編集 |

冬から一気に初夏ですかい?!という妙な気候の今日この頃。
3歳過ぎたきいちゃんは、お友達のレオン君小太朗君と公園やカフェに行ったり、
お留守番をしたり、日向ぼっこをしたり、それなりに過ごしています。

kid386
カフェでおたかりするアホ面キッド

kid384
同じく、真面目なのに真面目に見えないレオン君

kid385
ママではなく、隣のレオンママをひたすら見つめる小太朗君

ほとんど「う~パク」は出なくなったのですが、キッドは先日ちょっとしたことでまた
ターミ兄を「あぐ」してしまいました。
流血騒ぎになるほどではなかったのですが、ターミ兄はご立腹。(まあ噛まれた方は
当然そうですな)

私はハタで見ていて、「ああ、なんかキッドが嫌なオーラを出しているな」とは感じて
いました。
けれどそれが何なのか、何故なのかイマイチ具体的に指摘出来なかったので
黙っていたのですが、そうしたら・・・と言う感じです。

キッドは、「あのね、あのね。」と鼻つんつんをしながらそばに来ることがあります。
その時彼がしてほしい事は何なのか、それを読み取らないといけないのですが、
どうも男性陣は観察は苦手なようで、(まあ私からのサインなんかも、しょっちゅう
見逃してますからね)ちょっと違う事をしてしまうのです。

キッドがそばに来て鼻つんつんをしている時、要求はケースバイケースなのですが
大抵は構って欲しい事が多いです。
で、その構い方なのですが、ヘタレのキッドは激しく何かをされるのは苦手。
たぶん彼は、そっと触ってほしかったり、笑顔を向けて話しかけてほしかったり、
くっつきたかったりしたかったのでしょう。
でもターミ兄は、「こいつは胸元をわしゅわしゅされるのが好きなのだ」と言って
後ろ脚を掻き掻きするまで撫でようとしました。

前々から、私は「それは違うな」と思ってはいましたが、「いいや、そんなことはない」
とあまり聞く耳を持たないターミ兄。
そして、うまく説明することの出来ない私。
キッドはキッドなりに、ちょっと違う構い方に我慢していたのでしょう。でもとうとう、
「違うのでし!」
とパクしてしまったのだと思います。
意思の疎通が上手くいかなかった、良い例ですね。

さて今日は、TタッチのSさんと約束の日でした。
待ち合わせは近所の公園です。梯子を横たえてそこを歩いたり、(踏まずに歩くことで
足の感覚を持たせる)リードを肩や首にかけてサインを出しながら、歩く練習をしたり。

Sさんのトレーニングは、いわゆる訓練とは違います。
歩く練習も、脚側行進ではありません。飼い主の足を見ながら歩くのではなく、あくまでも
首にかけたリードのサインを読んで歩くのです。
見た目は良く似ていますし、結果も似ていますがアプローチの仕方が違います。

例えば、飛びつき癖を直すのも、チョークチェーンを使ったり、「ノー」のコマンドで
教えるのではなく、逆に飛びつく行為をコマンドにしてしまいます。
「アップ」とか「紋付」とか、何でも良いのでコマンドを決めます。
そして、そのコマンドを出されたときにそれをしたら、褒めて小さなおやつを与えます。
勝手に飛び付いた時はあげません。(怒鳴ってしかる必要もありません)

それを繰り返していくうちに、言われて飛びつけば良し、勝手に飛びつくことは良くないと
学習します。
さらに、報酬がもらえないのにすることは馬鹿馬鹿しいと考えます。

この考えることが大事なのであって、時間はかかりますが、キッドのように頭も良く
思考力もあるけれどヘタレな子には、この方法が良いような気がします。

Sさんの説明を聞いていると、なるほどな~と思う事がたくさんあります。
以前よりはずっと良くなってきましたが、まだまだ保護観察中の身の上のきいちゃん。
きいちゃんの発する言葉に耳を傾けてやり、理解をしてやり、そして安心させるためには
私達がまだまだ勉強しなくてはいけません。

次回のセッションには、ターミ兄も参加してもらおうと考えています。

kid390
レストラン・カフェでは結構良い子なんでし

ところで本制作の経過ですが・・・
いいちゃんのイラストもすべて終わり、初校も終わりました。
爺様が脅したのか、いいちゃんのイラストはかなり枚数も増え、しかも私の思いつきで
(正確に言うと、爺様が私に耳打ちしたのですが)とても楽しい爺様といいちゃんの
コラボページが追加されました。
なのに料金は当初のまま、という図々しさです。(誰が?私か爺様か?)
いいちゃんのイラストがたくさん入る事によって、私のちんちくりんな文章がとても
本めいた感じになってきました。

校正も、プロであるカイママさんや、カイママさんを通じてエルマー君ママ(キッドの
大叔父さんエルマー君のママ)にもタダ働きでお付き合いいただき、
お礼のしようもありません。(なんか矛盾?)
カイママさんの帯文の横にも、いいちゃんのイラストが入ります。ここも何気にコラボ
なっています。

表紙にはホタパパさんの写真、口絵にはHirokoさんやお友達の写真が入ります。

こうなると私の本というよりは、合作のような感じですね。(と言うか、私は何をした?)
そしてもちろん、犬達の協力なくしてはあり得ませんでしたから、犬達との合作でもあります。

爺様がとても楽しそうなのが、私には見えます。
散々いいちゃんのところにいたようですが、今度は営業に回るそうです。
なんだか背中にちくちく感じたら、爺様が後ろで「売れ売れ」とか「買え買え」とか
図々しいことを言ってると思ってくださいね。

私も出来上がりをとても楽しみにしています。
来週、また校正が上がってくる予定だそうです。

 

 

 

 

 

3歳になったのでし
2009年04月08日 (水) | 編集 |

今日はきいちゃんの誕生日です。
お釈迦様とおんなじ日なんですな。無事に3歳になりました。

1歳8か月で我が家にやって来たきいちゃん、来たばかりの時は鼻の頭にシワを寄せて
唸ってばっかりいました。
今はほとんど「う~ぱく」は出ません。
一度、とうちゃんが不用意にたたいたおかげでトラウマが逆戻りしてしまいましたが、
また立ち直りつつあります。

昔のきいちゃん。細~
kid38

何だかんだ、もうウチに来て1年4か月経つんですね~
馴れてくれなきゃ困るで、きいちゃん。

3歳と言うと、普通は少し落ち着きが出てくるかな、と言う時期です。
(爺様には、この論理は全く当てはまりませんでしたが)
少~しだけ、キモチ落ち着いたかな・・・と言う感じです。
たまに目が丸くなって、イタズラモードになりますが、沈静するまでが比較的短く
なってきました。
手がつけられないようなプッツンモードも、ほとんど入りません。
鳥も、小さいものはあまり興味がなくなってきました。(猫はダメですが)

そして大分会話が出来るようになってきました。
「あのね、あのね、ご飯食べましょうなのでし」(おたかり目的で誘いに来る)
添い寝して欲しいのでし」(ハウたん達に教わったな)
「ちゃんとお留守番してたから、ご褒美なのでし」(と言っておやつのあるところで座る)
「お散歩に行きたいのでし」(ぶうぶううるさい)
などなど。

こちらの言っている事も、だいぶ理解出来るようになってきたようです。
ベランダのサンダル咥えも、しなくなりました。(これは、しなかったら褒めることを
繰り返しました)

そして、人間の行動の先読みも、少しづつ出来るようになってきました。(これは裏で
糸を引いている黒いヤツがいると思われますが)
紅茶を入れたら牛乳が出てくる。(だから食器の前に座って待つ)
あっちの棚に行ったら、人間がおやつ用のクッキーを出してくる。(だからたかる)
あのバッグを出したら、お出かけしちゃう。(お留守番は出来るけど、好きではない)
スリッパが2セット(私のものとターミ兄のもの)玄関にあるときは、2階は誰もいない。
(だから階下のおばあちゃんにたかる)などなど。

もう一つ、ちょっと成長したかなあと思う事は、少し打たれ強くなってきたことです。
台所に入ってあんまりうるさいと、ターミ兄が怒るのですが(そんなことで怒るなよと
言いたいですけど)めげずにたかっています。
早朝ゴソゴソやって、私に「うるさい!」と言われてもめげない。
以前だったら、いじけていたと思うのですが。

大きい声が苦手なのは、相変わらずです。
それでも少しだけ強くなってきたのでしょう。強くなってきた分、気にならなくなってきた
事もあるようです。

例えば、散歩の途中よその子が気になるのは変わりませんが、誰も彼もと言うわけでも
なく、小型犬はあまり気にしなくなりました。
特に、今まで会ったことがあって、一度も嫌な思いをした事のない犬種(たとえばパグ。
パグはオーリー君や、乃々ちゃんと言った良い子しか知らないので)は全く平気です。
中型犬以上は、相手によりけりですが。

まだまだ爺様のように偉大なわんこへの道のりは遠いですが、これはあと
10年くらいかけて少しづつ成長することしましょう。
飼い主もまた成長しなくてはいけませんね。

「訓練」と呼べることは何もしていないきいちゃん。
へんなコマンドで、適当に過ごしているきいちゃん。
でもリードのなかでふにゃふにゃ歩いて、ひと様に迷惑をかけなければ、それで
いいです。
あとは元気でニコニコしててくれれば良い。

このところ、シニアのお友達が亡くなってしまう事が続いたので、残念だなあと
思っていました。
けれど、若い世代はまた、次の道を進んでいるのですね。
そして若者がジジババになった時は、また次の世代が。
きいちゃんがジジイになった時には、どんなジジイになっているのかな。

今日のきいちゃん。1年前よりも大きくなりました。kid383
服はかなりつんつるてんで、お尻が大きくなりました。尻尾も太くなりましたね~

kid381
顔も、訳知り顔になってきた?

kid380
「ごちそうはあるのでしか?」毎日ごちそうじゃん。

だから今日は人間がごちそうじゃ。

 

 

さよなら、筑波
2009年04月03日 (金) | 編集 |

初校の締め切りも6日に迫り、遊んでいる場合ではないのですが…
時々遊んでいます。(現実逃避ですな)
と言っても、休日ならではの片付けなんかもあったりしまして(言い訳)。

今週の月曜日・火曜日は五週目だったこともあり、バレエもダンスもお休みでした。
それで月曜日に、筑波サーキットのそばに借りているガレージを整理しに、筑波まで
行ってきました。

4・5年前まで、私は筑波サーキットで遊んでいました。
そのお遊び用の車をガレージに置いていたのですが、最近は忙しくて遊んでいる暇もなく
車を手放す事にしました。
ヤフオクに出したところ、これからレースをやってみたいという若いお姉ちゃんが
買ってくれたので、ガレージを片づけることにしたのです。

天気が良かったので、きいちゃんも連れていきました。
せっかくきいちゃんを連れていくのなら、とわんこOKのところを探したところ、常磐道の
守谷SAにドッグランがあるとのこと。
行ってみました。

…が、平日なので遊んでくれそうな子もいなくて、貸切状態。
仕方がないので、私が走ります。

ドッグランで人間がラン

ドッグランでランその2

可愛い顔を撮ろうと思って、ソフトクリームに期待するきいちゃんの顔を撮ってみました。
kid379

それほど可愛くないか。(ただのおたかり顔?)
kid377

本犬、精一杯可愛い顔をしているつもりなんでしょうね~

ガレージを片付けて、契約を打ち切って、帰りに谷和原の近くのカレー屋さんで
スリランカカレーを食べて(きいちゃんは車の中でお留守番)帰って来ました。
もうここのカレーを食べることもないかなあ。
サーキットに来たときは、時々来ていたのですよ。スリランカの人がやっている、ホントに
スリランカのカレー屋さんで、結構おいしかったのです。
なんかなあ…もう来ないと思うと、ちょっと寂しい気がしましたわ。

趣味にしろ何にしろ、時間の経過と共に終わりを迎える時は寂しいものですね。
まあ、何事にも終わりはあるのだからして、仕方のない事ですが。

最近の趣味は、もっぱらダンスです。それもラテンダンス。(ルンバとかチャチャチャとか)
年齢的にも、今やらないとたぶん上達は期待できない。
そんな思いで、踊りまくっています。
来年は、大会も出られるかなあ。(バレエをやっていると、ちょっとはお得)

先の事も考えつつ、今すべき事を一所懸命やる。
そして今の時間を大切に楽しむ。
これがラブ爺との生活で学んだことのような気がします。

そのラブ爺の本を完成させるために、最後まで頑張りましょう。
時々踊りながら…

きいちゃんの可愛い顔です。
kid374

kid376

かあちゃんの言葉を借りると、「だいぶなついてきたかな」と言うところですかね。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。