要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さよなら、コア婆
2008年07月21日 (月) | 編集 |

このところ、暑くて調子がイマイチのワタクシ。
連休なのに、な~んにもする気になれず、これでもかというくらいにゴロゴロしていたのだけれど・・・
昨日コアママからメールが入り、ひとこと
「19時15分、ゴールしたよ。」
コアちゃん、崩御の訃報が届いた。

コアちゃんは、爺様最後のガールフレンド。
一緒に蔵王にも行った。
爺様が崩御なさる1ヶ月前にも、一緒にいた。
半分寝たきりの爺様に、コアちゃんはいつも
「あら、またアンタなの。」
と軽く挨拶をすると、自分の御座所にお籠りになり、つかず離れずのクールな関係だった。

爺様と共通していたのは、極悪路線でマイペースだったこと。
飼い主の都合なんて、全く聞く耳持たずだった。

腎臓の機能がとっくに崩壊していて、1年以上補液をしていたにもかかわらず、
脅威の心臓でビックリするくらい存えたコア婆。
コアママさん曰く、
イントロが長すぎて、どこから歌い出したら良いのかわからないカラオケ
のように、長い晩年だった。

今年の1月、新人キッドを一喝したころは、まだ極悪ババアのご面相だった。
それが桜の季節を過ぎた頃からだろうか。
時折、ヤバイ橋を渡りかけながら(コアちゃんは、癲癇持ちだった)、飄々と動き回る
コア婆は、だんだん仙人のような顔になっていった。

キメ台詞は、
ふん」と「さあね
爺様の、
知~ら~ん
に通じるものがある。

ここ数日の猛暑に、うんざりしたのだろうか。
爺様とほぼ同じ時刻に、お友達の誕生日を待って、そして同じ極悪仲間の「オレさま」と
おなじ命日をお選びになって、さっさと見切りをつけてしまった。

BGMはサザエさんのエンディングテーマ。
爺様同様、飼い主がTVでのんびりしている時に、あっさりと
あばよ
と逝ってしまったらしい。

この格好良さ
どうして極悪シニアたちは、こんなにカッコ良く生きて、カッコ良く去ってしまうんだろう?
こんなブレない生き方、ニンゲンは出来ませんぜ。
何てったって、ニンゲンは「腹に一物、背に荷物」ですからね。

「ふん、馬鹿馬鹿しい」
って言うかな?
そうだね、キミ等を見ていると、ホントにニンゲンって馬鹿馬鹿しいと思うよ。

「思うんなら、わしらを見習うんじゃ。」
「そうよ、ボケ。」

そういうふてぶてしいキミ等が大好きだぜ。
コア婆、先に爺様と一杯やっててくれ。
下界では、人間同士やってるから。

じゃあな、コア婆。

享年17歳4ヶ月。
お疲れ様でした。

kid51
ボクは恐かったでし、コア婆ちゃん・・・(今年の1月)

love228
一緒に蔵王に行ったときの写真。
もう一昨年のことなんだね。

コア婆の爆笑介護日記は、mixiで見られます。
腎臓病や癲癇を持っているわんこたちには、参考になることがあると思います。
悲壮感がちっとも漂わない、飄々とした介護は拍手ものですわ。(もちろん、実際には
大変な事も沢山なのだけど)
これから介護生活を迎えられる方は、ぜひ訪問してみてくださいね。

 

スポンサーサイト
パパと兄弟に会ったのでし その2
2008年07月09日 (水) | 編集 |

続きです。

途中一度だけ、ちょっとヒットアップして三つ巴になったことがありました。
事の発端は、結里君に教育的指導をしようとしたカイパパに、キッドが
ちょっかいを出したようです。
ガウガウ、くんずほぐれつ団子になり、テーブルにキッドの頭が当たってお茶がこぼれ、
椅子がぶっ飛び、大騒ぎ。
こらこら~!キミ達何やってるのっ!!
ボビー君は、こう言うことには巻き込まれないようです)

でもふと見ると、余計なちょっかいを出したキッドはいち早く抜け出して、ターミ兄の
隣にちゃっかりいるじゃないですか。
きっかけは違うのに、最後にガウガウ残っていたのはカイ君と結里君
オイオイ、キミらはどうなってるの?

でも、時折出るガウガウに、だんだんボビー君も元気が(?)出てきたのか、
最後には
わう~わう~
と声だけですが参戦していました。
ちょっと成長したのかな?ボビー君

そして、絶対ヘソ天をしない、と言う結里君
大分疲れてきたのか、いぬたまマッサージを受けているうちに、少しづつだら~んと
後ろ足がゆるんで、へそ天状態に・・・
写真は撮り損ねましたが、ちょっとだけヘソ天を披露してくれました。

キッドは、なかなか要領良く、結構しぶとい事がわかりました。
以前よりはスタミナもついてきたのか、なんだかロシア政府ようなずっこい性格だなあ
と感心。
経験を積んで、だんだん変わってきたのでしょう。
ヘタレはヘタレなのですが、状況を見て強気に出る事も覚えてきたようです。

でもあんまり良い気になると、そのうち痛い目見るからね。

夕方になり、みんな疲れて機関車状態になってきたので(特にカイ君)そろそろ
お開きです。

お約束の記念写真です。
kid240 集合
後ろ左から、キッド・ボビー君
結里君・カイパパ(みんなおやつを見ています)

kid233 集合
左から、ボビー君・キッド・結里君・カイパパ
やっぱり似ています。

そんなこんなで、楽しい一日は終わりました。
綺麗なカイママさん宅は、よだれと毛まみれになってしまいました。
ターミ家、図々しくカイママさんから著書の「子犬のカイがやってきて
をいただきました。
もしかしたら、すでにお読みになった方もいらっしゃるかもしれませんが、この本を
書かれたのがカイママさんなのですよ~
そして子犬のカイは、もちろんカイ君のことです。
今では、とっても大きくなりましたが。

先日のヘタレの集いとはまた違って、男子の集いもまた面白いものです。
カイ君・結里君・ボビー君、遊んでくれてありがとう。

そして、お誘いくださった結里君ママ、カイママさん、お付き合いくださった
ボビーパパさん、皆さん、ありがとうございました。

また遊んでくださいね~

 

パパと兄弟に会ったのでし その1
2008年07月09日 (水) | 編集 |

ちょっとお天気がイマイチでしたが、キッドのパパ、カイ君のおうちに行って来ました。
お誘いしてくださったのは、キッドの同胎の兄弟の結里君のママ。
そして、ご一緒してくださったのが、後胎兄弟のボビー君一家です。

まずは、カイママさんが設定してくださった駐車場で待ち合わせ。
生協の配達が、いつもより1時間も遅れてしまったため、ちょっと遅刻してしまった
ターミ家。
すでに皆さんお集まりで、わんこ達は雨の為にぬかるんだ地面で、足元ど~ろどろ

車のドアを開けると、まずパパのカイ君がすっ飛んできました。
カイ君、でかい!ちょっと太い!そして、泥んこ足~!!
いらっしゃぁぁぁぁ~い!」
カイ君、いきなり私を突き飛ばし(だって体重が5キロほどしか変わらないんだもん)
車の中にどどどどぉ~っと乱入。
うぉぉぉ~泥だらけじゃぁ~
そして、何だかわかっていないキッドはパニック

そうなる事を予測して、ボロに着替えたいぬたま君、キミの読みは正しかったな。
(本当はTIKILOVEのTシャツを、みんな着ようと思ったのですが)
みんな、泥肉きゅうで紋付きになり、どろんこです。
興奮してビックリしたキッドは、パパのカイ君とまずガウガウ。
はたから見たら、大喧嘩しているような挨拶です。

キッドはヘタレなので、玉つきわんこが怖いんですね~
怖いので、先にガウガウやってしまいます。
そうすると、玉つきの男の子はたいてい怒ります。
それで、一戦交えてしまうのですが・・・
カイ君にも同じパターンで、まずガウガウ。
ガウガウされれば、カイ君だってガウガウ。
「やなのでし!やなのでし!来ないでなのでし~~~!!!
「なんだとぉ!ここはボクのテリトリーだぞ!せっかく迎えてやったのに生意気な!」
ってな感じなんでしょうか。

結里君も玉つきなので、ちょっとガウガウ。
玉なしのおとなし~いボビー君とは、ガウガウしなかったようですが、それにしても
挨拶のヘタクソなやっちゃなあ、キッドは。

あまり友好的とは言えない挨拶もそこそこに、とりあえず泥被害が拡大するので、
カイママさんのお宅に皆で移動~
足を洗ってから、お部屋におじゃまします。

kid232 カイ
パパのカイくん
でかいです。爺様と同じ、思いっきりツチノコです。

kid231 カイ・結里
結里君カイ君
実物を見ると、もちろん違うのですが、写真で見ると良く似ています。

ニンゲン達は、カイママさんのいれてくださったお茶とお菓子で、ちょっと一服。
犬達は、というと・・・

まずは、玉つきのカイパパが、事あるごとに同じ玉つきの結里君
マウンティングをしかけては、時折ガウガウ。
カイパパ、怒られて捕獲されます。

平和主義のボビー君は、ひたすら何もしません。
と言うより、ボビーパパさんによれば(パパさんは、有名なドラマーさん
ボビー君は、こういったわんこがいっぱいのお集まりは、
初体験だったのだそうです。
なので、きっとどうして良いのかわからなかったのでしょう。

それを知ってか知らずか、結里君が「あそぼ、あそぼ」攻撃を出します。
でもアタマを小突かれても、叩かれても、ボビー君、反応しません。
「ボ、ボクはやらないでし。結構でし。」

それでもちょっかいを出していると、カイパパがやってきます。
やっぱり、自分のテリトリー内での出来事は、監視したいようです。
年長者としての威厳も、保ちたかったのかもしれませんね。
「おい、コラ、そこ、なにしてるんだ!」
警察マウンティングが始まると、人間達に
「こら~!」
と怒られるカイ君。

ひたすら困るボビー君
一応、抵抗する結里君

では、キッドは何をしていたのかと言うと、このシト、なかなか要領が良いようです。
結里君とカイ君がガウガウやっていたり、人間がワイワイやっていると、
離れて見ているのです。
そしてしばらく見ていて、順番や事のからくりが、見えてくると少しづつ安全圏から
参加し始めます。

しまいには、マウンティングしているカイ君に、どさくさにまぎれてマウンティング
しかけているではありませんか。
コラっ!親亀の上に小亀かい!

キッドがどういう解釈をしたのかわかりませんが、たぶん、
結里君カイパパより下なのでし。でもカイパパはニンゲンより
下なのでし。
そんでボビー君は、全然恐くないのでし。」
と踏んだのでしょう。
少しづつ、」距離を縮めていきます。

kid241 ボビー・結里
おとなしい平和主義のボビー君(左)。
ちょっかいを出しつつも、攻撃は決してしない結里君(右)。
この組は、ガウガウになりません。

kid237 仲良し
ガウガウしながらも、時々手を繋いでいるカイ君と結里君
ヘンな関係。(左のすみっこで怪しい顔をしているのが、キッド。その後ろが
ボビーくん

kid239 おたかり
たかるときは、団体行動です。

kid238 ボビーの開き
ボビー君のひらき。いぬたま君がつぶしているのではありません。

kid235 怖い顔
カイママさんにたかる怖い顔のキッド。手前の大きなアタマは、カイ君かな。

kid236 おたかり
たかるときは一致団結。(手前から、カイパパ・キッド・結里君)

kid234 おたかり
一番いやしくたかっているのが、キッドです。
結里君(真ん中で首をかしげている子)は、ほんらいはたからないそうですが、
皆が行くなら・・・と仲間にはいっています。
ボビー君(右手前)は、たからないわけではないのですが、最初気後れして
出遅れていました。
でも参加しないと、損することがわかったのでしょうか。だんだん積極的になってきます。

ちょっと長くなって、入りきらなくなってきたので(楽天ダサ!)2部に分けますね~

 

バトンが回ってきたぁ~
2008年07月05日 (土) | 編集 |

人様の所ではちょこちょこ見かけたのですが、自分の所に回ってくるとは思わず
のほほ~んとしていたら・・・
なんとTIKILOVE母さんのところから回ってきました。

イベントもないことですし、暑くて外にも出られませんし・・・・
と言うわけで、早速やってみま~す。

まずはルールから。
次の人は時間を見つけてのUPでOK
◆嘘偽りなく答える
◆アンカー禁止
◆回した人は回された人がルールを守っているか見に行く
◆ルールが守られていなければ罰ゲーム


Q1.お名前は・・・?
ターミ姉どす。由来は、ターミネーターから。殺しても死なないくらい丈夫だから、
と言う事で、ターミ兄がつけました。
わんこは、キッド(Yラブ)。
先代の偉大なる爺様は、ラブ(黒ラブ)。

Q2.年は・・・?
黒木瞳と同い年~・・・かな。
キッドは2歳、爺様は享年17歳2ヶ月。今生きていれば、18歳どすなあ。

Q3.恋人は・・・?
いませんわ~年下もあんまり興味ないし・・・それより、マネーがほしい。
キッドは、女の子が好きなようですが、ヘタレオカマちゃんなので、単に
遊んで欲しいだけみたいです。
爺様は、生涯ガールフレンドはいませんでした。残念!

Q4.好きなタイプは・・・?
筋の通ったヤツ。細かい事をうだうだ言わないヤツ。好き嫌いなく食べるヤツ。
ターミ兄が該当するのは、3番目だけですな。
キッドは、ヘタレなのでおとなしい、やさしいお姉さんが好きなよう。
爺様は、はは~っとひれ伏すヤツが好きみたいでした。

Q4.嫌いなタイプは・・・?
人の話を聞かないヤツ。根拠もなく自信過剰なヤツ。辛気臭いヤツ。オタク。運痴。
キッドが嫌いなのは、イノシシタイプのけもの。凶暴な動物。
爺様が嫌いだったのは、自分より強いヤツ。

Q5.好きな食べ物・・・?
基本的に、ゲテモノ以外は美味しければ何でも。甘いものはイマイチかな。
キッドが好きなのは、アキレス。ほとんど中毒です。(でももったいないから、一日一本)
爺様がお好きだったのは、ジビエ。

Q6.好きな音楽・・・?
70年代のディスコミュージック。ジャズ(モダンよりスタンダード)。クラシック。
キッドはまだ修行が足りないので、音楽についてはわからないもよう。
爺様はバロック音楽。

Q7.好きなブランド・・・?
服なら109系ブランド。でも普段着はユニクロ・しまむら。

Q8.好きな漫画・・・?
最近はとんと読みませんが、「動物のお医者さん」は好きでした。
あれのTVの実写版、良かったのになあ。

さてさて、次にまわす人ですが、う~ん、すでにバトンを見かけている人が多いので・・・
単純の思いついた人にしてしまおう。

次に回す人3人と、その人たちのイメージを色でたとえると・・・?

1、たんこらはなさん。イメージは若草色。深い意味はありませんが、なんとなく・・・
ブルマスとボクサーミックスのはなちゃんと(キッドが仲良し)、おとなしい黒ラブのお爺さん
こらじさんがいます。

2、DOGLABさん。イメージは赤。わんこのためなら、誰とでも戦えそうなので。
わんこグッズお店をお持ちです。キッドのアキレスはいつもDOGLABさんのお店から。
スーパー黒ラブ婆さんのルビー婆(15歳でキッドを一喝)、今は亡きルーシーちゃん
(爺様の遠縁さん)、チョコラブのガーナさんでんすけちゃんのママ。

3、char-rinさん。イメージは明るいオレンジ。おおらかで、明る~い感じなので。
わんこは、先日川遊びに付き合ってくれた素潜り犬の凛ちゃん・とっても良い子の
茶々お爺ちゃん
二人は、あの川遊び以来、何故かとても仲良しなのだそうです。
ワタクシが思うに、あまりにもヘタレの男子達を見て(特にキッド)、凛ちゃん
茶々くんを見直したのではないかと思うのですが・・・

罰ゲーム・・・?
あやのさん
を見習って、ビールビッチャーで一気飲み。(モルツにしてね)

以上で~す。
次の方、よろしくです。(丸投げ)

たまには、爺様を・・・
love409
わしを忘れているうつけは、おらんじゃろうな。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。