要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
川遊び~
2008年06月28日 (土) | 編集 |

木曜日の天気が良くなかったので、寸前までどうしようか迷ったのですが、
せっかくなので当初の予定通りに川で遊ぶ事にして、行ってきましたわ~
栃木県まで。

思ったより良い天気になって、川で遊ぶにはなかなかよろしいコンディションになりました。

今回のメンバーは、おたかり兄ぃのジャッキー君(6歳)、ちょっと怖いお姉さん
凛ちゃん(7歳)、とっても穏やかな茶々君(12歳)、そして元祖へタレの王様楽くん
(11歳)、それに若きヘタレ王子のキッドです。

ラブが5頭いると、なかなか迫力あるんですが、今回のメンバーは凛ちゃんをのぞいて
みんなへタレ男子ばっかり。

アクティブな川遊びにはならないだろうな~とは思ったものの、やっぱり川で湯治
のようになってしまいました。

kid210
左から、ジャッキー君・キッド・楽くん
誰も泳いでいません。川に浸かっているだけ~

kid206
素もぐりに忙しい凛ちゃんにちょっかいを出すキッド。
でも相手にしてもらえません。

kid213
泳がないで、人のボールをくわえて浸かっているキッド。
同じく、後ろで浸かっているだけなジャッキー君

kid212
少し泳ぎなさいよ!強制連行します。

kid209
でもすぐに上がってきてしまうヘタレ。
「ボク、陸の方が良いでし」

kid211
ライジャケで準備万端なのに、同じく湯治になっている楽くん

kid217
「ボク、水の中より陸地でゴロゴロする方が好き~」のジャッキー君

kid216
ただ一人、よせと言われてもじゃぶじゃぶ水に入って素もぐりを続けた凛ちゃん
呼ばれたのに戻ってこなかったので、叱られているところです。
怒られる前から転がって、「ねえねえ、これで良いでしょ??」

kid219
キッドは、おやつをもらう事ばっかり考えています。
せっかく川に来たんだから、泳げっちゅうのに。

とうとうコーチあやのさんが、ヘタレ兄弟に強制指導します。
おやつで泳ぐキッド

おやつ欲しさで泳いでいましたが、一口食べるや否や上がって逃げようとします。
同じく、あんまり泳ぎたくないジャッキー君とリードがからまって、あやのさん、すべって
あやうくドボン
せっかく指導してくれたのに、何たるヘタレ。
コーチあやのさん、びしょびしょになってヘタレわんこ達と遊んでくれます。
タフです。(ワタクシ、丸投げ)

kid218
唯一正しい川遊びをした凛ちゃん(右)と、穏やかな穏やかな茶々くん
ふさふさの尻尾がチャームポイントです。

キッドは、紅一点の凛ちゃんにちょっかいを出しては叱られてばかりいました。
よせば良いのに、怒られても怒られても近づいて行きます。

凛ちゃんは、キッドが行くと怒るのですが、黒ラブの楽くん・ジャッキー君
ふんふんにおいをかいでも怒りません。
ちょっと何かを言いたそうなお顔はしていましたが、キッドに対して怒るようには
怒らないのです。

何でかな~
やっぱり、何時も一緒に居るのが、黒ラブの茶々くんだからでしょうか。
黄色い若造は嫌いなのよっ!」
と言う感じです。
自分もイエローなんだけど、わんこの考えてる事は不思議ちゃんです。

川での記念撮影~
kid221
ほっかむりが似合ってしまっているジャッキー君、一人だけ隔離されている元祖
ヘタレ王の楽くんが笑えます。

楽くんは、何でもビビリ~で「わひ~んわひ~ん」と鳴きながらヘタレる、とsachiさん
言ってたので、会うのを楽しみにしていたんですが・・・
ホントに「わひ~んわひ~ん」と逃げちゃうんですね~
でもそれがまた可愛くて、嫌がる楽くんをなでなでしちゃいました。
この子は、ルックスが爺様に良く似ています。
ズンドコ具合や、毛がウェイビーなところなどが・・・
なので、なんだか懐かしくなっちゃいました。

さて、ヘタレ軍団は1時間も遊べば十分なので、今度は人間のお楽しみ。
この川から車で20分程度の、ココ・ファーム・ワイナリーに移動します。
ここは、HPなどにもわんこOKとは書いてないのですが、カフェのテラス席は
OKなんですね。
事前にあやのさんが調べてきてくれました。
すごく良いところです。ワタクシ、実はここに来たかったんですわ~

kid220
ワイナリーですから、テイスティングも出来ます。
すでに白ワインを一口飲んでから、写真を撮ることに気がつきました。
ホントは、全部同じ分量がちゃんと入っています。

ちょっと若くて、さっぱり軽めのワインですが、どれもおいしかったです。
もちろん、帰りに買って帰りました。

食事もぐ~です。
kid222
サラダは野菜が美味しかったし

kid223
カレーランチも美味しかった~

kid224
デザートのアイスをたかるジャッキー君
川にいた時より、活き活きしてます。

kid225
あっちがたかるなら、私達も・・・の茶々君凛ちゃん

もちろんキッドもたかりまくっていましたよ~

この時も、楽くんだけ、「ボクは疲れたんだ、眠いんだ、帰るんだ~」と
文句を言うので、一人だけ車の中に退場してました。
人間の子供がやったら可愛くありませんが、わんこの我がままは可愛いもんです。

kid228
「ボクは自分のペースが良いのっ!」の楽くん

kid230
最後にまたまた記念撮影です。
やっぱり一人離れた所にいる楽くん、笑えるけど可愛いでしょ。
わんこの前に置いてあるワインは、あやのさんのお買い上げの白ワインです。

いや~ここのワイナリー良かったなあ。
近かったらちょくちょく来たいですわ。
でもウチからだと、2時間半くらいかかっちゃうもんね。

そんなこんなで、楽しい・美味しい一日が終わりました。
とっても楽しかったです。

前もっていろいろ調べてくださったあやのさん、お仕事お休みして付き合ってくださった
sachiさんSTEP犬さん・char-rinさん
ほのぼのわんず達。
ありがとう。
また遊びましょうね。

 

 

スポンサーサイト
初泳ぎ?
2008年06月18日 (水) | 編集 |

レオンママから、「明日からまた天気が下り坂らしいから」と言う事で、急きょお遊びの
お誘いを受けました。

レオン君の夏のイベントは、「海遊びらしいです。
ならばと言う事で、三浦のBeach Bumに行く事にしました。

ここは、畑のなかの怪しい道を通り抜けてたどりつく、ちょっと穴場のワンコOKレストランです。
ジモティのラルママさんに教えていただきました。

このBeach Bumのすぐ下の海岸で、海遊びが出来るのです。
比較的水が綺麗で、釣りのおじさんがちょぼちょぼといるくらいの、わんこが遊ぶには
ちょうど良いところです。

お昼過ぎに到着して、本当はまずわんこ達を遊ばせて疲れさせてからランチの
つもりだったのですが、お店の人に聞くと2時から貸切とのこと。
では先にママたちのランチにしてしまえ、と言う事でまずお食事することにしました。

ここのレストランは、テラス席がとても広く眺めも良いので、ドラマの撮影などに
使われているらしいです。
kid200

昨日の、堺正章のドラマのロケにも使われたそうです。
この日の貸切も、パーティなどではなく、撮影の為の貸切だったようで。
お店の看板も、違う名前になっていました。

kid198
SEA LASSと書いてありますが、本当はBeach Bumです。
立てかけてあるメニューも、ウソっこでした。

キッドは、カフェ・レストランではまずまずのわんこになってきました。
無駄吠えもしないし、時折人様のところにたかりに行きますが、大きなトラブルは
起こさないようになってきました。

kid201
えへへのへ

kid199
一緒に行ったくららちゃんです。
こんな可愛いお顔で、結構やることはやるんですわ。(このあと水飲みボールを
壊していました)

kid202
海だ海だ海だ~!」とあんまり騒ぐので、お料理を待つ間にひと泳ぎしてきた
レオン君
水もしたたる良い男だったんだけど、そのせいか真っ黒になってしまった。
ごめんよ、レオン君。

美味しいランチをいただいて、さあ、キッドの初海・初泳ぎ。

kid203
レオン君がスパスパ泳ぐので、釣られて海に入りますが・・・

kid205
どっちかと言うと、無意味な砂遊びをしてこの顔。ドブ犬です。

でもちょこっと泳いだんですよ。

犬かきしてみたでし

レオン君は、何度でもおもちゃを投げては泳いで取りに行き、と繰り返していましたが
キッドはすぐに飽きてしまった様子。
くららちゃんは、砂もぐりをしていました。(鼻に砂が入らないのか、見ているほうが
ちょっと気になりましたが)

そのうち、ロングリードが三つ巴になって、みんなお疲れ~
kid204
このあと、すなすなロングリードをほどくのが一苦労。

それでも、初海遊びはそれなりに楽しかったようで、夜は疲れて爆睡していました。
とりあえず、水はそれほど恐くないようなので、泳ぎ上手な子につきあってもらって
少しづつ慣らしていこうと思います。

来週は川遊びの予定が入っています。
天気が良いと良いんですけどね~

 

 

ドッグラン
2008年06月07日 (土) | 編集 |

例年より早く、梅雨入りしちゃいましたね~

雨が続くと、キッドは退屈。
なので、梅雨の合間に積極的にたくさんお散歩に行ったり、お出かけします。
でないと、たまにぷっつんするんで・・・

今回は、またまたバレエ仲間のわんこ、レオン君・小太郎君と藤沢のドッグラン付きカフェ
アリスの森」に行って来ました。

こ~んなところです。
kid193

広いランではありませんが、ちょこっと遊ぶには十分です。

ウィークデーなのでほぼ貸切。
とりあえず、30分くらいぷっつんしまくりで遊びます。

・・・がしばらくすると、すぐに体力温存モード
レオン君・小太郎君はボールがある限りせっせと遊びますが、キッドはボールには
あまり興味がないようです。

kid196
小太郎ママの投げようとするボールに、スタンバイする小太郎君(左)とレオン君(右)
でもキッドはやる気がありません。

みんなが走るととりあえず走りますが、何で走っているのかイマイチモチベーション
見えないようです。

ボールをかじるのは好きなようですが。
kid195
「ボク、これで良いでし」

ボール大好きのレオン君は、うんpの時でもおしゃぶりのようにボールを離しません。
kid194
「離したら取られちゃう。」

そんなこんなで、遊んでは休憩(ママたちのランチタイム・ティータイムとも言う)
して楽しく遊んだ一日でしたが・・・

ちょっとここで、ドッグランについて思う事を。

爺様が若かりし頃は、ドッグランなんてほとんどありませんでしたし、あっても
爺様は協調性がないので、連れて行こうとは思いもしませんでした。
でも最近は、ミニドッグランなど気軽なランがあちこちにあります。
ラン付きのホテルやカフェも、あちこちにあります。

気軽になってきたせいで、いろいろなわんこが利用できるのは良い事なのでしょう。

ただ、わんこには大型犬から小型犬まで、さまざまな大きさのわんこがいます。
性格も、フレンドリーな子から好戦的な子まで、いろいろです。

一応、たいていのランは大型犬中型・小型のエリアに分かれているのですが
必ずと言って良いほど、大型犬のエリアに小さな子がいるんですわ。
そして、そういう小さいコの飼い主さんは、決まってこう言います。
「大丈夫です、ウチの子慣れてますから。」

でもね、お宅のわんこは慣れているかもしれないけど、こちらは慣れていないのです。
特に、キッドは小さくてコチョコチョ走り回る子を、最初に「獲物」ととらえてしまいます。
しばらくして、「ああ、このコも犬なんだ」
とわかれば襲いませんが、いきなり目の前を走られると、遊ぶと言うより追いかけてしまうのです。

3キロのコと30キロでは、ちょっと当たっただけでも絶対に小さいコが危ないです。
悪気がなくても、踏んづけてしまったり、体当たりを食らってしまったら、怪我をするのは
小型犬です。

それでも絶対に文句を言わないのであればまだしも、怪我したら大型犬のせいでしょ?

せっかくエリアが分かれているのだから、わざわざ小型犬を大型犬のエリアに
入れないでもらえないでしょうか。

貸切で、知り合いのコだったら良いと思います。
でも見ず知らずの小型犬がいきなり入ってくると、余計な神経を使わなくてはいけません。

ちょっと考えて欲しいです。

あと、好戦的なコも。(だから爺様は遠慮したのですが)

先日、cha-rinさんのお誘いで埼玉のドッグランに行った時もそうでしたが、
好戦的なセントバーナードがいたんですね。
人間は良いのですが、どうも本犬は犬同士遊びたくない様子。
キッドも側に寄って、叱られていました。

しかもこのセント君、おばさんが一人で連れているのです。
キッドだって、ぷっつんして暴れたら相当な力です。
セントバーナードを、女性一人で制御するのはちょっと無理なのではないですか

自分の犬を、思い切り遊ばせてやりたい。お友達を作って欲しい。
そう思う気持ちは理解出来ます。
でも、自分の犬がどういうコなのか、そしてそこの状況がどうなのか、良く見極めてから
放してくれませんか?

キッドが小さいコを追い回したり、遊ぶ気のないコにしつこくちょっかいを出したりしたら
一応キッドを叱らなくてはいけません。
けれど、本音を言わせてもらえれば、
「小型犬は隣のエリアに行けよ!本犬が嫌がってるなら、出ろよ!」
です。

意地悪ですかねぇ・・・

あ、その埼玉のドッグランでの写真です。cha-rinさんが送ってくれました。
kid197

このコは、知らないコです。
cha-rinさんちの凛ちゃんがちょっと恐くて、茶々君がお爺さんでお馬鹿遊びを
してくれないと悟ると、キッドは優しげなコを探してナンパしていたようです。

「ホラ、ここどうだい?」
「そうねえ、ちょっとにおうわね、クンクン」
「ボクのお鼻って、良いだろう」
「そうね、クンクン」

キッドは、わりとナンパ師なのかもしれませんわ。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。