要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
介護疲労対策 
2006年09月26日 (火) | 編集 |
毎日6・7回爺様を外に出す作業をしているうちに、とうとう強靭なワタクシも
背中や腰が痛くなってきてしまった。(朝と夜は、ターミ兄にやってもらう)
しゃがみこんで世話をする事が多いため、バレエで傷めたもちょっとつらい。

先週の土曜日は、疲れがピークに達していて、ストレスもマックス状態。
使った急須を毎度流しに置きっぱなしにするターミ兄に腹を立て、その急須をたたきつけて
(どのみちひびがはいっていたのだけれど)
割ってしまった。(でも意外に強靭で、こなごなにならなかったのがよけいくやしい)

日曜日も午前中起きられず、体中がだるかった。
だらだらと寝て、昼頃起きてきたのだが、顔を洗うのにも背中が痛い。

これではいけない

というわけで、昨日は寝不足だったが午前中バレエに行き、そのあと「お風呂の王様」に行った。
40分くらい、ジャクジーなどに入って体を温め、そのあと併設されていたマッサージに行った。
このマッサージ、バレエのお友達が「なかなか良いよ」と言うので試してみたのだが
なるほど良いようだ。
男性のマッサージ師が、ちょっと強めにぎゅうぎゅう押してくれる。
背中や肩に、グリグリしたコリがあるのが自分でもよくわかる。
それらを丁寧にもみほぐしてもらって、40分。
終わったら意外にスッキリしているではないか。

踊って、お風呂に入って、マッサージをしたら、よけいだるくなって帰ってきたら眠くなるかと
思ったら、そうでもない。
それどころか、眠気はどこかに吹っ飛び、朝より元気が出てきた。

デカ老犬介護は、肉体労働に加えてストレスがたまる。
最近は、爺様に腹を立てることはあまりなくなったが、どうにも疲れが溜まってくると
周りの人間に腹が立つようになった。
特に、ちょっとでも無理解だったり非協力的だったりすると、猛烈に腹が立ってくる。
でも腹が立つと言うことは、その事がどうこうというより、疲労の蓄積の表れなのだな。
自分にゆとりがあれば、些細な事でそんなには腹も立たない。

とは言え、疲れない介護なんてない。
じゃあどうするかと言ったら、メンテナンスをしながら調整するしかない。
疲れた時は休むのが一番なのだけれど、ダラダラ休むとよけい疲れが出てくる。

誰にでも良いかどうかはわからないが、私のオススメは"定期的な運動
お風呂などで温める・
カイロやマッサージなどでメンテナンス”の3点だ。

運動は、私の場合バレエだが、思ったようにクラスに出られないときもある。
そう言うとき、出られないことをストレスにすると良くないので、ウチでストレッチや
軽い運動をする。
ピラティスキャラネティクスがオススメだ。負荷をかける筋トレは、私には向いていない。

お風呂も好き好きで、岩盤浴やサウナの方が好き、と言う人もいるだろう。
マッサージよりエステが良い、と言う人もいるかもしれない。
何でも良い。リラックス出来るものであれば構わないと思う。
でも腰痛を避けるためには、ストレッチ・何らかの治療を早めにしておく事は、オススメだ。
動けなくなったら、介護はアウトだからだ。

爺様がもう少しコンパクトになってくれると良いのだけれど、そうはなりそうもない。
ドテっと寝ている姿は、みたいだ。
ご飯を減らそうと思っても、足りなければ「丑三つの催促」と言う報復を用意している。

昨日は涼しくて良い陽気だったのでたくさん歩かせたら、お腹が空いてしまったらしい。
ちゃんと食べたにも関わらず、今朝は新聞配達の時間からお腹がギュルギュル鳴って
催促なさった。

じじいのくせに、運動するとお腹が空くとは、ちょこざいな。
このシトは死ぬまで痩せないだろう。

このところ涼しくなってきたら、エアコン犬から一息に「腹巻犬」になった。
でも、冷えてお腹を壊すよりは良いと思う。

だから爺様は痩せて小さくなんかならない。

love223






スポンサーサイト
敬老の日・イン・お那須
2006年09月20日 (水) | 編集 |
15歳のはなちゃんに会うために、お那須まで行ってきた。
本当は11月のお誕生日に一緒にお祝いしようと思ったのだが、シニアはいつ何が
起きるかわからない。
そこで、今回の連休にたまたま時間が取れた我々は、エイっと行ってしまった。
敬老の日のイベントとしては、ピッタリだんべ。

一緒に行ってくれたのは、超アクティブなジャッキー君親子
運転の苦手なあやのママに代わって運転する為に、あやのさん宅に寄ってから
車2台でお出かけと相成った。

連休にも関わらず、貸し別荘が予約できたのはラッキーだったかもしれない。
この貸し別荘、バリアフリーと言うのがウリで、シニアわんこにはなかなか良かった。

love276
シニアわんこだけでなく、足や股関節などに問題のある子にも良いのではないかと思う。
(ただし、超ハイパーなナヴィちんは、どこでも軽々入ってしまえるのでかえって
良くなかったかも。)

着いたその日は、もう夕方だったのと特に予定もなかったので、ひたすらうだうだする。

love273
あやのママにおたかりするジャッキー君

love275
ちょっとお疲れになると、干物になるナヴィ君。(ただし、彼は30分ほど休むとすぐ復活)

そして次の日の日曜日、らぶはなさん・はなちゃんとカフェで待ち合わせをする。
ご長寿カップル、ついにご対面~である。

love277
「おや、ばあちゃんや。」
「あら、じいちゃん。」

この日の夜は、らぶはなさん・ばーばさまも貸し別荘にご一緒した。

面白かったのは、皆で”足挟みユサユサ”をしたところ、そろってお休みになってしまったことだ。

love279
らぶはなさんにユサユサしてもらうはなちゃん

love278
あやのさんにゆさゆさしてもらうジャッキー君

love280
そして爺様

ハタから見るとちょっと異様かもしれないが、なかなかまったりとした光景だった。

さて、次の日の月曜日、チェックアウトのあと我々は皆でカフェ「こうたろう」に
移動した。
ブレンディーさん御夫妻とオレオ君が来てくれるという。

love281
爺様にちゃんとあいさつしてくれたオレオ君
「わ~すごい爺様だ。」
「よう、若いの。」

ブレンディー家は知る人ぞ知るコスプレ一家。
シニアわんこ達も、ジャッキー親子も、みんな被り物で写真撮影となった。

love283
イマイチ写真が苦手な爺様は、寝たまま横綱

love284
寝たままハロウィーン(って、ここまでされたら起きろよ)

love285
逆に、モデル魂に火がついて元気になったはなちゃん。
寝たきりだったのに、起き上がったのにはビックリ。

love282
うんうん帽の爺様

何がおきてもマイペースな爺様と対照的に、コスプレ大会が盛り上がれば盛り上がるほど
元気になって目が輝いてきたはなちゃん。
もう疲れてきたにも関わらず、起き上がろうと爺様の隣でジタバタするはなちゃんの
楽しい動画が撮れたので、見てくだされ。

無理じゃよ、ばあちゃん
いーえ、あたちは起きるの!
つっかえ棒にされてちょっと迷惑顔の爺様が笑えます。

そんなこんなで、連休インお那須のイベントは終わっていきました。

元気になったはなちゃん、このままずっと元気でいてね。
人が大好きなジャッキー君、はやく大人になろうねのナヴィちん、わざわざ来てくれたオレオ君、
みんなありがとう。

爺様も元気です。


足挟みユサユサ
2006年09月13日 (水) | 編集 |
爺様に丑三つ参りをさせないよう、妖怪夜鳴きジジイをさせないよう、日夜努力して
ちとお疲れのワタクシでござる。

これをしないでもらえると、少々早起きでもまだ何とかこちらの体力ももつ。
ところが、夜鳴きはするは、丑三つには付き合わされるはだと、例えば朝二度寝を
させてもらっても、あまりすっきりしないのだ。
だから、なんとしても丑三つと夜鳴きジジイはおやめになってもらいたいのである。

そのためには、最終トイレをなるべく遅くに出し、気分良くお休みになっていただかないと
いけないのだが、この"気分良く”と言うのがなかなか難しい。
爺様は気まぐれでワガママだからだ。

しかし、昼間のぴいぴいパオパオには、ちょっと効き目のある薬が見つかった。
足挟みユサユサ」である。

どうするのかというと、爺様を仰向けにして足で挟んで、ゆ~らゆ~らと左右に
ゆすってやるのである。

こんな感じで。
love268

アタマはちょっと高めに、人間のお腹によりかかっているのが、爺様はお好きなようだ。
love267

love266

そうすると、うっとりとなって眠そうな顔になってくる。
そうなってくれたら、しめたもの。そ~っと床に置くと、そのまま寝てくれるのだ。

love272

どうしてこれが好きなのかはわからないが、物理的な要求をほとんど聞いてあげたにも関わらず
パオパオひんひんうるさい時は、爺様をひっかかえて転がして、これをやってやる。
そうすると、10回中8回は確実に寝てくれるのだ。

もちろん、ちーに出たいとか水が欲しいとか、他の要求がある時は駄目である。
留守番のあとなどで、トイレも済んでおやつももらったのに、まだ不満そうな時には
これでピタリと寝てくれる。
後ろ足をぶらぶらゆすってやったり、胸をマッサージしてやると、より効果的なようだ。

でも、誰にでも効くかどうかはわからない。
ちなみに、お友達のはなちゃんはきょとんとしていたそうだ。
普段、抱っこしてもらっているような子にも余り効き目はないかもしれない。
臆病な子は、多分ひっくり返す段階でびっくりしてしまうだろうな。

膝枕が好きな甘ったれっ子には、効果があるかもしれない。
何の用もないのにぐずって寝てくれない子には、お試しあれ。


眠くて眠くて・・・
2006年09月05日 (火) | 編集 |
更新をサボっておりました。
お友達のサイトも、読み逃げ常習犯と化しており、ヒマさえあれば昼寝に励む日々。
原因は・・・
おまえじゃあ~爺さんよ。

先週アタマ頃は、イベントの後だったからかそんなにわからんちんでもなかったのだが、
週末あたりから、夜中に我々を起こしてくれるようになった。
それまでは寝返りのヒイヒイはあったものの、それは私がトイレに起きたついでに
ひっくり返せばそれで良かった。
ところがひっくり返しても、ひっくり返してもおさまらない。まるで、火力が弱くて
ちっとも焼けない魚のようだ。イライラする。

仕方がないので、アシストバンドをつけて丑三つ参りに出かけた。
出せばちーをじゃかじゃかするではないか。

う~む・・・ちーが出るものを朝まで我慢させるのはかわいそうだ。
かと言って、毎日丑三つ参りはしたくない。

仕方がないので、我々が寝る直前にもう一回ちーに出してやることにした。

これでどうよ?

確かに夜中には起こさなかった。
でも、今朝も5時過ぎからひんこひんこ鼻鳴きをしていた。

お腹が空いたらしい。
何で?何でよ?
この頃夜食は一口じゃなくて、立派な一食になっているでしょう?
どうしてそんなにお腹が空くの?

秋が来るからじゃ。」

と言うわけで、寝不足のターミ家です。
私はバレエをサボって昼寝も出来るけど、気の毒なのはターミ兄。
いい加減、腹たつのりだろうなあ。
私は寝不足のせいか、腹立たしいのを通り越して物悲しくなってきましたわ。

ところで、お友達のはなちゃんがパオパオ隊に入隊して、一番鳴き手に昇格してしまった。
爺様も負けじとうるさい事に変わりはない。
そこでパオパオ対策

まずは、要求項目を順番にチェックする。
最近あらたに細かいことが加わったので、それもチェック。
例えば、扇風機は背中から当てるべし。とか、皆がご飯を食べている時は、そちらに
向けるべし、とか。

チェック順番を間違えると、意味が無い。
先日、ちょっとだけ実家のかあちゃんにお守り頼んだ時の事。
私が出かけてすぐパオパオ鳴きだしたので、かあちゃんは私がブログに
「爺様は手荒いのがお好き」
と書いた事を思い出し、爺様に飛びついてハグハグしたそうだ。
ところがちっとも鳴きやまない。

そこにとうちゃんが帰ってきて、「トイレじゃないのか?」
と庭に出したら、ちーをじゃかじゃか、うんpをモリモリしたそうだ。

爺様にしてみれば、
「違うんや、わし、トイレに行きたいんや。そんなことしたら、わし、もれてしまう!」
とパオパオ言ってたんだろうな。

でも順番が合っていれば、飛びつきハグハグも効果がある。
「これ以上どうするんや!」
と言うときは、仰向けにして足の間にはさんでゆさゆさしてやると、うっとりした顔をして
そのまま寝てくれることがある。
理由はわからないけれど・・・

あとは説得
夕べは、夜食のあと私達がお風呂に入っている間、ヒイヒイパオパオ言わないように
耳元で説得を試みた。
「あとで寝しなにもう一回ちーに出してあげるから、それまで騒がずに寝ていなさいね。」

すると、静かにしているではないか。
寝ちゃったのかな?と風呂上りに私が見に来ると、爺様目をぱちくり。
そして私をじろっと見た。
「静かにしてたで。」
よしよし、じゃあ約束だから出してやるね。

と夜遅くに出したのだが、今朝は5時過ぎだったのだ。
う~む、どうしたもんか。
静かにはすると言ったけど、朝寝をするとは言ってないもんな。

今夜は、「朝は6時過ぎまで寝てください。」とお願いするか・・・

写真は、先日”居酒屋ルル”にて。
コアママの膝枕で、デレデレする爺様。こういうのが好きらしい。
love265